読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

iPhone6より高額、9万円オーバーのGALAXY S6edge

ドコモとauで発売予定のGalaxyS6edge、オンラインショップで予約受付をしています。

ハイスペックなのはよーく理解しています。

オクタコアですし。曲面のディスプレイで技術的にも難しいことやってますよね。

ですが、価格があまりにも…割引なしだとドコモ価格で9万円台です。

ドコモで一括9万3千円のgalaxyS6edge

強気の9万円GalaxyS6edge

スマホは10万円弱、というのが定番化してきましたね…

GalaxyS6もS6edgeも共通ですが、割引なしの価格では9万円オーバーです。

  • GalaxyS6:93,312円(税込)
  • GalaxyS6edge:93,312円(税込)

立ち位置としてはedgeのほうがフラッグシップになりそうですが、これに月々サポートで割引をつけることにより区別をする模様。

XperiaZ3とZ3コンパクトだと元の値段が変わっていたので、これはサムスン側の方針なのでしょうね。

しかし、この9万3千円という価格、他と比較するとどうなのでしょう。

8万4千円のiPhone6(16GB)

フラッグシップのスマホ、人気のスマホといえばiPhone。

iPhone6は、容量によって価格が変わりますが16GBでは8万4千円です。

さらに言うと、iPhone6plusの128GBでも9万9千円なので、Galaxys6edgeに5千円のせれば買えるお値段ですね。

よっぽどのインセンティブがなければ、Galaxyを選ぶのは難しいのではないでしょうか。

GalaxyS6edgeは月々サポートで実質約6万円から

キャリアの端末のメリット:月々サポートの割引

ドコモ(通信事業者)のビジネスモデルとして、機種代金を安くばらまいて高い通信料金で回収、というモデルがあります。

その最たるものとして、月々サポートという割引がありますが…これもそんなに割引かない模様です。

GalaxyS6edgeの実質負担金(税込、4/13現在)

正直なところ、割引は期待するほどのものではありません。

いまFOMAのスマホ利用している方は、割引あっても約8万円ですか…。

 

  • 機種変更(FOMA⇒Xi):79,704円
  • 機種変更(Xi⇒Xi):58,968円
  • 新規:79,704円
  • MNP:29,808円

iPhone6(16GB)の実質負担金(税込、4/13現在)

比較にiPhoneです。断然安い。

この価格差でGalaxyを買えますか…ねぇ。

  • 機種変更(FOMA⇒Xi):11,664円
  • 新規:0円
  • MNP:0円

Xiからの機種変更を誘導するドコモ:カケホーダイで値上げ促進

残念ながらiPhoneのほうがGalaxyS6edgeよりも安いことが分かりましたが…

GalaxyS6edgeの価格表を眺めて理解できたことは、ドコモの値上げ戦略です。

Xi⇒Xiの機種変更を安くする意味

FOMA⇒Xiはいずれ起こる事象です。

というか、FOMAスマホが出なくなってそろそろ2年以上たつので、買い替えのタイミングに来ている人が多いでしょう。

そういう人は自然に機種変更するので、優遇する必要はありません。

ポイントはXi⇒Xi。

このターゲットは、機種変更をしてもらえないと、値上げプランのカケホ―ダイ&パケあえるに加入してもらえません。

機種代金を多少値引いたとしても、早くカケホーダイにしてもらいたいのが本音でしょう。

GalaxyS6edgeは機種変更を促進できるのか

果たして、GalaxyS6edge起点に値上げの肝にできるのか…かなり疑問です。

マニアックな人が購入することが想像されますが、そういったギーク層は端末をたくさん持つと想定され、その分の維持費を賄えるのでしょうか。

どちらかというと、それをきっかけにSIMフリーへと流れるのでは…と。

際立った飛び道具端末ですが、扱いはauのほうが期待できるかもしれません。

こちらもどうぞ: