読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

XpeiraZ3を買った⑦:最難関はおサイフケータイ移行

XperiaZ3の初期設定というよりは、応用設定?のおサイフケータイです。

もろもろの設定の中で一番時間がかかったのがここ。

一括で移動できないのは結構なストレスですね。

移行したおサイフケータイの項目

今回は5項目を移動しました。

  • モバイルSuica
  • JALタッチ&ゴー
  • ANAスキップ
  • nanaco
  • スターバックスモバイル

スタバ以外は比較的すんなり。

しかし、めんどくさい…

事前の準備:過去の端末を用意

機種変更の手続きをするには、過去の端末との紐づけを解除しなければいけません。

なので、新旧の端末ともに通信環境下においておきましょう。

SIMカードのサイズ変更がある場合には、通信できるうちに前の端末で手続きをしておきます。

※モバイルSuica等は、解約済みでもいいのでSIMがささっていないと手続きができなくなるので要注意です。

新しい端末では、アプリ一覧の中に「おサイフケータイ」があるので、それを起動すれば各サービスのアプリダウンロードがスムーズに行えます。

さすがドコモ。

移行手順:必須は移動系(JAL,ANA,Suica)

モバイルSuica

オートチャージと組み合わせると最高の移動アイテム。

買い物もできるので便利。

・過去端末でアプリを起動

⇒会員メニュー

⇒機種変更

・新端末でアプリを起動

⇒会員メニュー

⇒機種変更

JAL、ANA

利用頻度は少ないけれど、空港でスマートにタッチ&ゴー

・過去端末で、登録情報の削除

・新端末で情報登録(マイレージカードの番号とパスワード)

nanaco

クレジットカードでチャージすれば、チャージと利用両方でポイントたまる。

そのため、nanacoカードよりもモバイルでクレカのチャージのほうがオトク。

・過去端末で機種変更

⇒9桁の整理番号が発行されるので、これをメモ

・新端末で9桁の番号を入力

スタバが難関すぎる:HPの説明が分からない

ここまでは比較的スムーズに…20分くらいで完了しました。

(マイレージカード探したりもありましたが)

難関はスタバです。

スタバが難解な理由:説明不十分

1.HPが分かりづらい

スタバはHP全体のデザインを見てもそうなのですが、どこになにがあるか非常に分かりづらい。

説明を読んでも、登録方法を読んでいたはずなのに「あとは登録するだけ」とか書いてあり…その方法を教えてくれ!となります。

2.説明が混在している

説明文の中に、スタバモバイルの新規登録と機種変更が混在しています。

どこからどこまでやっていいのかが分からないです。

3.アプリが存在しない

モバイルSuicaやnanacoはアプリで完結するものを、スタバはHPへのログインが必要になってきます。

ログイン後は、端末とカードが混在して、カオス感があります。

スタバモバイルを機種変更するには

機種変更に特化して書きます。

  • 移行後の端末でスタバモバイルのHPから、マイページにログインする
  • 「モバイルの利用登録」をして、専用のIDを発行する
  • マイページで、残高の移行手続きをする
  • マイページで以前の端末を削除申請する

簡略化するとこれだけなんですけどね…その説明が分かりにくいことこの上なし、ということで。

Xperiaが実用に近づいてくる

どうにかこれでおサイフの移行も完了です。

次はLINEの機種変更です!

XperiaZ3購入レポートまとめ(更新中)