目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

ヨドバシのワイヤレスゲートSIMの手数料がひどい

ヨドバシカメラと提携した、ワイヤレスゲートの音声SIMが提供開始になります。

うたい文句としては、「解約金の2年縛りなし」ということ。

MVNOでも、音声であれば最低利用期間があるので、その分有利を謳うプロモーション。

かなり、ダマしにかかってます。

MNP手数料が1万円オーバーのワイヤレスゲート

ワイヤレスゲートの解約時です。

解約金…違約金という名目では、確かに発生しません。

しかし、いま音声SIMが欲しいという人は、基本的には今利用している番号の維持でしょう。

そして、維持した番号は番号そのまま、MNPで移行するかな、と。

ここで解約時の盲点は、MNP手数料が11,180円かかるのです。

ドコモやauで3,000円です。

ワイモバイルが高くて不条理ですが、5,000円。

なんじゃこりゃ、と。

ワイヤレスゲートはいつでも解約金がかかるに等しい

結局、音声でMNPを前提に考えるのであれば、年中いつでも解約金がかかるのに近い感覚になります。

もうその場限りで、番号はなんでもいいからいらなくなったら捨てる…という使い方ならば別ですが、なかなかそうはいかないでしょう。

販売現場でのプロモーションの文句としては申し分ないですが、1年後くらいから店頭ではトラブルが巻き起こりそうですね。

みおふぉん1年、OCN半年

MVNOで、他の音声SIMの場合はどうでしょう。

割と、良心的な仕様になっています。

■OCNモバイルONE

  • 最低利用期間:半年
  • 解約金:8,000円(半年経過後は発生せず)
  • MNP手数料:3,000円

2年おきに1か月だけしか更新月のないドコモより良心的ですね。

■みおふぉん(IIJmio)

  • 最低利用期間:1年間
  • 解約金:(12か月ー利用月数)×1,000円
    ⇒3か月で9,000円、半年で6,000円、9か月で3,000円…と逓減するのですね。
    理にかなってます。
  • MNP手数料:3,000円

期間は長いですが、非常にスッキリしています。

参考記事

XperiaZ3を3万円台で買った:VaioPhoneやXperiaJ1がふざけた価格すぎる

アキバのヨドバシにSIMフリー開通カウンター:MVNO戦争の戦い方が変わる