目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

SIMロック解除でトクする方法③:格安SIM≒MVNOってなんぞや

実は、SIMロック解除は、「オトク」という観点からは大きな影響がないことを前回記載しました。

というよりは、SIMロックを解除しても使う先がない、というのが正直なところです。

では、SIMロック関係なく今のスマホを活用する方法がないのでしょうか?

目次 

  • 格安SIM≒MVNOって何?
  • MVNOのCMに騙されないたったひとつのポイント

格安SIM≒MVNOって何?

普段つかっているスマホには、通話・通信するためのカード=SIMカードが入っている、ということを前回ご説明しました。

では、最近話題の格安SIMとはなんでしょう?

「イオンスマホ」とか、「楽天モバイル」がよくCMをしている例ですね。

格安SIMの定義づけ

「ドコモやau、ソフトバンク」=「大手キャリア」であり、「月額7~8,000円かかるもの」です。

それに対して、「月に1,000円程度で使えるもの」があります。

これを値段の対比から「格安SIM」と呼びます。

格安SIMはなぜ格安なのでしょうか?

それは、格安SIMを提供しているのが、「MVNO」と呼ばれる事業者だからです。

MVNOとは何か

MVNOとは、「ドコモやauの回線を借りて、ユーザーに回線を提供する会社」のことです。

ドコモやauの回線を利用しているのですが、制限があるぶん安くなっています。

その制限としては、以下のようなものがあります。

  • ドコモショップのような店舗がない
  • スマホ本体を売らないので、故障した時のサポートがない
  • 通信速度に制限がある

MVNOを使う仕組み

基本的には、MVNOを利用する流れは3ステップです。

  1. 対応のスマホを用意する
  2. MVNOでSIMカードを契約する
  3. スマホで設定する

どんなスマホ?設定?というのはまた次回。

MVNOのCMに騙されないたったひとつのポイント

注意しなければいけないのが、「ドコモと同じ」としきりに宣伝してある場合です。

当然ながら、同じではありません

事実としては、「ドコモの回線を借りて使っている」ということ。

だから、日本全国、ドコモと同じエリアで使えるのは正しいです。

間違っているのは、「ドコモと同じ速度」ということ。

MVNOは、ドコモから回線の一部を借りて販売しています。

通信の回線はよく土管にたとえられます。

土管の広さは一定なので、同じ土管にたくさんのユーザーが集まれば、そのぶんスピードは落ちていきます。

MVNOは見込みユーザーの数に応じてドコモにお金をはらっています。

会社によって、同じ広さに100人詰め込んだり、200人詰め込んだりです。

人数が増えてくれば、良心的な会社はドコモから借りる場所を増やして、人口密度をキープします。

が、そうでない会社は、人が増えれば増えるほど通信速度は落ちていきます。

どのような会社がいいかを見極めるのがポイントになってきますね。

実際に使った感覚で行くと、以下の2社はスピードも出て使い勝手よかったです。

  • OCNモバイルONE:実測40Mbps
  • BIGLOBE:実測20Mbps

※時期と地域によって速度は異なります、あくまで個人の体験です

※利用レポート

格安SIM≒MVNOの概要を説明したところで、次回は用意すべきスマホ本体について説明をしていきましょう。