目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

営業利益ドコモ越え、ニケシュ氏を後継者に:ソフトバンク2015年3月期決算

ソフトバンクの決算発表がありました。

モバイル事業という点では、営業利益が単体でも6,953億円。

ドコモの6,391億円を1割程度上回る数字になりました。

改めてですが、もうソフトバンクの決算、モバイル事業はごく一部です。

純増数とかMNPとか、そういう話はなくなりました。

そして、今回の決算ではさらなる成長のための後継者指名まで。

…電力事業については質疑応答でちらりと。

  • モバイル事業:ソフトバンクモバイルとスプリント
  • 投資会社の側面をもつソフトバンク
  • ニケシュ氏を後継者に:インターネット企業の成長戦略
  • 質疑応答からみえてきた事象

モバイル事業:ソフトバンクモバイルとスプリント

当然のようにソフトバンクモバイルは増益。

真偽は別として、接続率や速度がトップですよーということを出していますね。

純増数については、国内では全く触れていません。

どちらかというと、スプリントの実績について純増ができたということを述べていますね。

Tmobileの買収を断念したうえで、スプリントも手放すのでは?と事前報道で出ていましたが、質疑応答まで含めるとそれは考えられていないようです。

投資会社の側面をもつソフトバンク

孫社長は、「通信」と「インターネット」の2種類だといっています。

通信に関しては、事業会社ですね。自社事業をやっています。

インターネットは、完全に投資会社ですね。

黎明期からやってきたことが成功につながっていますが、成長企業にメジャー出資をして、成長した時の含み益を得る。

投資の実績を見ていると、明確に大きな市場をみていることが分かります。

評価額がちょっとした国家予算レベルになっているUberは既に大きい存在なので、Uberライクなサービスをやっている、他の国の市場でのトップシェアを育てていく。

物流とコマースが基準になっているようです。

ゲームの次には、ここが伸びるポイントだとみているのでしょう。

ニケシュ氏を後継者に:インターネット企業の成長戦略

ソフトバンクアカデミアも開講し、後継者問題を重視していたソフトバンク。

後継者は、事実上google出身のニケシュ氏を指名しました。

国内モバイルは宮内氏に任せ、ニケシュ氏にはインターネット部門…

インターネットの未来を見通して、どこに投資をしていくかの判断を任せるということでしょう。

質疑応答からみえてきた事象

考えられることを箇条書きで記載します。

  • スプリントは手放さずに育てていく(疑念あり)
  • インターネット投資企業としての世界戦略をとる
  • 利益確保よりも、成長ドライブに舵をきる
  • 電力含めたインフラは、利益のタネ。 
決算関連記事