目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

英語学習の定番、NHKの基礎英語は近代化していた

仕事の都合で、外国籍の方と頻繁に顔を合わせるようになりました。

真面目に英語もトレーニングしようかなーと思い、過去の学習を振り返ると…

今はちょっと進化していたものですね。

中学生のころにやっていた、NHKのラジオ講座、基礎英語。

確かに時代は変わっていました。

  • 90年代の基礎英語
  • 基礎英語、スマホ全盛期にNHKの対応
  • 語学学習には便利な時代

90年代の基礎英語

基本的には、紙のテキスト⁺ラジオでした。

多少なりとも便利にする手法として、CDが販売されていたり、ラジオの録音ということもできましたが…

  • CDは毎月2,000円程度して高価
  • ラジカセが、タイマー予約不可

という理由から、毎日同じ時間(夕方)に、ラジオの前に座っていたものでした。

しかも、AMの電波なので若干のノイズが混じりながら。

紙のテキストも500円くらいしていた覚えがあります。

基礎英語、スマホ全盛期にNHKの対応

現代ではどうなっているのか?

調べてみると、デジタル化に対応していました。

  • インターネットでのストリーミング対応(前週の放送も聞ける)
  • Kindle等電子書籍対応

独自フォーマットはあまり利用したくないので、安心できるのはKindleですね。

Kindle版のほうが紙媒体よりも安く300円代で購入できるようになっています。

 ↓なんか表紙の絵もアニメっぽい…という近代化がされています(笑)

NHKラジオ基礎英語1 2015年 05 月号 [雑誌]

NHKラジオ基礎英語1 2015年 05 月号 [雑誌]

 

 

語学学習には便利な時代

音質の悪いAMラジオに決まった時間はりついていなくてもよくなったのは一つの進化です。

しかし、インターネットやスマホの普及で、語学学習のハードルってもっと下がっていますね。

まずは生の英語に触れる機会も多いですし、「会話」ができるようになるために必要な双方向のサービスも、安価なものがどんどん出てきています。

英語ができる=それだけでスゴイ!っていう構図が成り立たなくなっているのもまた真実ですが、学ぶ機会が多いのは幸せなことですね。

基礎固めから会話まで、学ぶ方法をご紹介していきます。

こちらもどうぞ