目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

XperiaZ4のアクアグリーンはブルーに近い色だった

ドコモの新商品発表会で、正式に夏モデルのラインナップとして発表されたXperiaZ4。

まだ電源の入る実機はおいてありませんでしたが、外観だけでも…とおもい、ドコモショップに足を運んできました。

個人的にはZ3の外観から、納得いかない部分が除かれたので、もうパーフェクトですね。

中身はちょっと進化が止まっているのが気になりますが。

  • ドコモ版XperiaZ4のスペックと発売日
  • XperiaZ4の外観:アクアグリーンは、ほとんどブルー
  • Z3からZ4で何が変わったか

ドコモ版XperiaZ4のスペックと発売日

発売は6月中旬予定、とのことです。

  • 画面:5.2インチ
  • CPU:オクタコア(2.0クアッドコア+1.5クアッドコア)
  • RAM:3GB
  • OS:android5.0
  • 備考:防水防塵
  • 端子:キャップレス防水

XperiaZ4の外観:アクアグリーンは、ほとんどブルー

外観はZ3をほぼ継承していますが、充電用の端子がキャップレス防水になったところがポイントです。

Z3は、充電器に接続するために専用の溝が側面にあり、左手でスマホをもつ私には親指がちょうどそのくぼみに当たって、非常に不快でした。

それが、側面がフラットになって本体下部にmicroUSBを直接させるようになっています。

それでいて防水、防塵。素晴らしい進化です。

そして、外観としては色使いの変化でしょう。

白、黒、カッパー、グリーン…というとあまり変わらないように思えます。

大きく変化したのはグリーンですね。

Z3ではシルバーグリーンという名前で、落ち着いた淡いグリーンです。

今回はアクアグリーンですが…写真で見るよりも「青」です。

ライトブルー、アクアブルーといった方がしっくりくる。

双方ともに淡い色であることは間違いないですが、心の準備としては「ブルー」と考えておいた方が期待を裏切られなくておすすめです。

Z3からZ4で何が変わったか

Z3からの変化は、CPUがクアッドコアからオクタコアに変わったことと、上記の外観くらいですね。

あとは、OSがandroid4.4⇒5.0にかわったこと。

ZシリーズのZ3も、そろそろ5.0にアップデートされてもいいと思うのですが、NOTTVなどのドコモアプリの対応が難しいのでしょうか、まだドコモからのアナウンスは出ていません。

あとは、通信速度です。

Z3は150Mbpsが最大(理論値)でしたが、Z4は「Premium4G」に対応のこと。

225Mbpsが最大(理論値)に進化します。

これって、端末の性能なので、実はMVNOにも真価を発揮するのでは、と思います。

iPhone5SとXperiaZ3。

同じ場所、同じ時間で計測するとZ3のほうがスピードが出ました。

しかも、Z3はMVNO(OCN モバイル ONE)を利用してです。

※このときは下り40Mbpsでました。

参考:XperiaZ3を買った⑤:OCNモバイルONEで40Mbps記録

 

生体認証とか、あまり派手さはないですが、日常に使う機能が順当に進化したかなーという印象です。

大きな感動はないですが、長く利用できるスマホではないでしょうか。

ドコモ/au新商品関連記事