目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

ソフトバンク夏モデルをひっそり発表、スマホ4機種の2015年夏モデル

ドコモ、auともに商品発表会(どこもはサービス発表会に近いですが…)をしている中、ソフトバンクからは新商品がひっそりとリリースされておりました。

夏はスマホ4機種と、LTE対応プロジェクターという飛び道具が用意されています。

  • ソフトバンクの2015年夏モデル
  • Z3に引き続き、XperiaZ4もソフトバンクから
  • バリエーションで勝負、galaxyS6edge
  • ドコモのツートップから乗換の体制は万全か

ソフトバンクの2015年夏モデル

ソフトバンクから、スマホは4種類です。

  • XperiaZ4(Sony)
  • GalaxyS6edge(サムスン)
  • AQUOS CRYSTAL2(SHARP)
  • AQUOS Xx(SHARP)

絞ったラインナップ、って感じですね。

AQUOSは2機種ありますが、XxがハイスペックでCRYSTAL2がミッドレンジのようです。

うーん、CRYSTALはSprintに向けても供給するんですかね?

どうも、Sprint向けのことは思惑が頓挫しているように見えますね…。

Z3に引き続き、XperiaZ4もソフトバンクから

前回のXperiaZ3から、ドコモauソフトバンクの3社が扱うようになったXperia。

今回も、3社横並びです。

XperiaA4はドコモ独占ですが、フラッグシップのZ4が横並び…

前回は、auとソフトバンクは早々に一括0円の投げ売りモデルになり、ドコモでも年度末には投げ売りとあいなりましたが、今回もその道をたどるのでしょうか。

前回同様、ソフトバンク版はキャリアロゴがなく、「SONY」「XPERIA」のみのロゴとなります。

バリエーションで勝負、galaxyS6edge

そして、こちらが新しいのはGalaxyS6edgeも3社横並びとなりました。

サムスンが売り上げに苦慮している表れでしょうか。

特徴的なのは、ドコモやauはすべてをそろえていなかったことですね。

ドコモは2色だけですし、auは3色でストレージ容量が限られている。

カラーを4色すべて、ストレージも32GBと64GBが選べる、というのはソフトバンクが最も選択肢が広いです。

昔、SHARPのPANTONEで何十色とそろえたのを思い出しますね。

…果たして、すべて在庫は揃うのでしょうか。

予約注文とかになりそう。

ドコモのツートップから乗換の体制は万全か

こうしてみると、XperiaもGalaxyもソフトバンクに揃いました。

しかも、XperiaAとGalaxyS4という、2年前のドコモのツートップに対しては、2万円の機種限定下取りを用意しています。

ドコモからの乗換を誘発する体制は万全ですね。

…しかし、なーんか打ち手として普通すぎるかも。

iPhoneもそうですし、いろいろなものが3社横並びになってしまうと、あとは価格競争くらいですが、それも利益を削った消耗戦になります。

このまま、競争をなくして均衡していきそうな気配がありますね。

関連記事