目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

楽天モバイル独占販売SIMフリースマホは、ファーウェイのhonor6 plus

また新たなSIMフリースマホが発売になりました。

メーカーは、中国ファーウェイ(HUAWEI)。

honor6Plusというスマホです。

名前がiPhoneを意識しすぎているのはさておき、割とハイスペックなスマホですね。

  • ファーウェイ(HUAWEI)のスマホとドコモの関係
  • ファーウェイ(HUAWEI)honor6Plusのスペックと価格
  • 楽天モバイル独占販売の意味

ファーウェイ(HUAWEI)のスマホとドコモの関係

ファーウェイってなんぞや?という前に。

既に日本市場にはさらっと入り込んできています。

ドコモからは過去に販売されていたスマホ、Ascendがありますね。

ドコモ謹製タブレットのdタブも、ファーウェイ製です。

あとはキッズケータイや、ドコッチもファーウェイです。

意外と気づかないところに入り込んできている…という感じですかね。

ちなみに、飛行機に乗って、機内の雑誌にはなぜか大抵ファーウェイの広告が出ているイメージがあります。

参考:ドコモdタブの新商品、魅力と戦略を捨て去った

ファーウェイ(HUAWEI)honor6Plusのスペックと価格

現在予約受付中で、発売は6月中旬のようです。

各社の夏モデルに間に合うペースですね。

  • OS:android4.4
  • CPU:オクタコア(1.8GHz+1.3GHz)
  • RAM:3GB
  • 画面サイズ:5.5インチ
  • 価格:45,800円(税別)
  • カラー:ホワイト、ブラック、ゴールド

OSが4.4ってのは残念かも。

オクタコアと3GBのRAMは、サクサク動くことが期待されます。

しかし、5.5インチで6Plusって、いったいどんなネーミングをしたと言い訳するんでしょうか…謎。

3色展開の選び方も、まぁ定番といえば定番なのでしょうか。

楽天モバイル独占販売の意味

SIMフリーのhonor6Plus

honor6Plusは、SIMフリーで販売されます。

なので、普通に端末だけを購入することも可能です。

しかし、MVNOとセットで買うための、パートナーには制限があります。

それが、楽天モバイルの独占販売ということ。

…Zenfoneとも違うので、やった!ファーウェイのが欲しいから楽天モバイルにするぜ!!

とはならないような気はしますが。

楽天モバイル独占販売の意味

ドコモ等の大手キャリア的なビジネスを、本格的に目指している…という理解ですね。

統合型のモデルです。

スマホの本体を販売して、時には赤字覚悟でキャッシュバック割引をする。

そして、毎月の通信料金で赤字分を回収し、利益を出していく。

さらには、解約金や2年縛りで囲い込んで、やめにくくする。

ここまでセットビジネスにしていきたいのでしょう。

そのためには、魅力的な機種もしくは割引販売ができる機種が必要。

今回のHUAWEI端末の独占販売は、キャリアビジネス参入の布石…

その気配が伝わってくるものでした。

コチラの記事もどうぞ