読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

2015夏のディズニースマホはシンデレラで、ブランド棄損の予感

ディズニーモバイルonドコモも、毎回の発表会での定番商品になってきた感じがありますね。

前回はAQUOS ZETAベースでのアナ雪モデル。

今回は、さっそうシンデレラの映画を題材にしています(映画は見ていないのでよくわからないのですが…)。

外観から見るに、ベースはLGのG2ですかね。

  • ドコモのディズニー、シンデレラモデルのスペック
  • ディズニー機種は持ち回り
  • LGの今後の機種発売はあり得るのか

ドコモのディズニー、シンデレラモデルのスペック

発売予定は5月下旬。

夏モデルの中では最速で出るのでは?

コラボモデルをスピーディに出せるのはいい感じですね。

しかし、スペック的には相当お粗末なもの。

もともとベースは2013年冬春モデルのようなので…

完全に2年前のスペック。OSを5.0で出したというのが救いでしょうか。

  • OS:android5.0
  • RAM:2GB
  • CPU:2.0GHzクアッドコア
  • 画面:5.2インチ

ディズニー機種は持ち回り

過去のディズニー機種は、各メーカー交互に出しています。

NECだったり、富士通、前回はSHARPのアナ雪。

アナ雪は良かったですね。

その時期と同じモデルをベースにして、ディズニーコラボをのせる。

普通のAQUOSを買うか、色違い…という感覚でディズニーを買うか。

その選択ができました。

持ち回りだからLGに順番が回ってきた、というところなのかもですが…

ベース機種が2年前っていうのはかなり不信感につながりますね。

ディズニーファンは「やむをえず」買うかもしれませんが、ディズニーコラボのブランドを棄損することは起こりうるでしょう。

直近だと、名前だけVaioを冠したVaioPhoneに類似の運命を感じます。

VaioPhoneとXperiaJ1を真面目にくらべてみると、回線品質に行きつく

LGの今後の機種発売はあり得るのか

正直なところ、今回のディズニーコラボモデルはLGの在庫処分としか思えないレベルのものですね。

よくよく考えると、ここしばらくドコモからはLGスマホが発売されていませんでした。

これが最後の思い出になるんでしょうね。。

ドコモからしたら温情なのかもしれませんが、甘いですね。

前回のアナ雪でぐっと上がったイメージ(ブランドコラボかつ中身のスマホも最新で性能良好)を、一発でダメにすることです。

メーカーに対して云々はないので、せめて最新の自信持ったスペックの機種で勝負しろよ、ということで憤懣やるかたない思いになりました。

関連記事