目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

テザリング無料化のauと、ずっと無料だったドコモ

6/1から、auのテザリングオプションが一部プランで無料化するようです。

…もったいぶってますけど、競合のドコモは最初から無料ですからね。

なんとなく今更感はあります。

  • テザリングオプション(500円)とは
  • auで無料にならないプラン
  • 旧プランだと使い勝手最高なドコモ
  • MVNOがあるのに有料のテザリングは必要ない

テザリングオプション(500円)とは

ネットにつながる端末が1台あれば、その通信を他の端末でも利用できる、というサービスです。

スマホやタブレットを持っている場合に、1台だけ通信契約をしておけばOK。

たとえば、auのiPhoneを使っていれば、その通信を使って、Wi-FiモデルのiPadが通信できる、ってやつですね。

auはもともとこのオプションをつけるのに500円かかっていました。

(キャンペーン価格で2年間無料、とかはありましたが)

今回は、このオプションをプラン限定でありますが無料にする、というものですね。

auで無料にならないプラン

テザリングオプションの無料化は、2015/6/1からです。

しかし、無料にならないプランもありますね。

それは、旧来の7GBフルに使えるプランです。

新しい料金プランの、2GB,5GB…の従量制のプランだったら無料でテザリングできまっせ、というものです。

会社の戦略としてはよくわかりますよね。

従量制ならたくさん通信してもらいたいので、テザリングでもなんでもつかってもらえば高い料金プランに変えてもらえるかもしれません。

旧プランのiPhoneだと使い勝手最高なドコモ

高いプランに変える…というのは、ドコモも同様です。

ドコモは、旧プランでも7GBのプランと3GBのプランを用意していたので、7GBにしてもらう可能性を秘めていました。

なお、一番使い勝手がよかったのは、iPhoneでテザリングをする場合です。

カケホーダイ以前のプランであれば、7GBのプランが通常のandroidより500円割引です。

※iPhoneは割引の代わりに3GBのプランがなかったのです

つかいきれないよーというのなら、テザリングをバリバリ使うといい感じに使いこなせます。

…カケホーダイとパケットの従量制になると、そんな使ってられなくなりますが。

MVNOがあるのに有料のテザリングは必要ない

事情が変わってきたのは、既に安価なMVNOが多数ある、ということ。

テザリングが必須な、SIMの入らない機器があるのならしょうがないですが…

タブレットやスマホを使っていきたいのであれば、安価なSIMがありますからね。

500円でオプションつけたり、今だったら使いすぎないように調整して、都度テザリングの接続設定をするくらいなら、DMMモバイルの1GB660円のSIM入れたほうがずいぶん楽です。

このように、時代が変わってきたからこそテザリングも無料化した、という判断でしょうけど、もうちょっと便利に使っていきたいものですね。

こちらもどうぞ: