目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

ワイモバイルのNEXUS5が6/7まで超オトク

※6/7以降はこちらへ:ワイモバイル1周年で通信容量倍増!MNPだけ優遇特典

 

大手キャリアのスマホは割引がころころ変わるので、買い時が非常に難しいです。

一つは、3月の年度末になると各社販売数を伸ばすために必死になりますね。

今年(2015年)の3月も、ドコモが端末購入サポートを導入するなどして、かなりの割引が行われていました。

そういった割引もひと段落して、ある程度やすくスマホを使いたいとなるとMVNOしかないのかなーというところ。

しかし、時期によって変動の激しいワイモバイルですが、あと10日くらい、かなりオトクになりそうです。

  • NEXUS5がMNPで9,800円
  • ワイモバイル、月額2,030円で1GBと10分以内の通話無料
  • SIMだけMNPで2万円キャッシュバックのワイモバイル

NEXUS5がMNP9,800円

まず、MNP限定ではありますが…

NEXUS5が一括で9,800円で購入できます。

NEXUS6もでて、旧モデルだな…という感覚は否めませんが、キャリア販売のスマホと違って余計なものがはいっていません。

最近のスマホと遜色ないくらい、サクサクと動作します。

そんなにヘビーに利用しない、という場合であれば、必要十分に使えそう。

(おサイフケータイはついていないので、そこは注意が必要ですが)

何より、ワイモバイルだとSIMフリー版で発売しているので、SIMロック解除の議論を抜きにして、使うべき時が来たらSIMフリーで使うことができる、というのもメリットの一つですね。

ワイモバイル、月額2,030円で1GBと10分以内の通話無料

今回注目したのは、一括9,800円という値段だけではありません。

月額の維持費がかなり安くなります。

たとえば、プランSの場合です。

NEXUS5だと、毎月の料金からの特別割引が入って、月に2,030円で利用ができます。

これに含まれるのが、通話とデータ通信の2種類。

  • 通話:10分以内が無料(月に300回まで)
  • データ通信:1GB

ISP契約は不要なので、シンプルに上のものが使えて、2,030円。

データ通信だとMVNOでもっと安いDMMモバイル(1GBで月660円)というのがありますが、通話もついているのが大きい。

DMMだと、通話(番号をもつ)をつけて1,260円。

ワイモバイルだと800円弱は高額になりますが、特筆すべきは無料通話。

カケホーダイほど必要ではありませんが、ちょっと問い合わせをしたり、店への予約電話をする時に多少の無料通話がついているに越したことはありません。

楽天電話のプロモーションのように、3分だと不安なところはありますが、10分間無料であれば結構本格的に電話しない限り超えないのでは。

これって結構安心感があります。

初期費用の9,800円と、毎月2,030円で2年間の利用であれば、トータルは58,520円。

スマホを購入して、割とふつーに使うと考えたら、かなり割安感はあります。

SIMだけMNPで2万円キャッシュバックのワイモバイル

無料通話は魅力的だけど、NEXUS5はちょっと古い。

せっかくならiPhone6とかZenfone2とかも使いたいぜ!という方は。

SIMだけMNPで購入することもできます。

もちろん、iPhone用のnanoSIMも選択可能。

こちらは月額の割引はありませんが、2万円のキャッシュバックがついていますね。

6/7までの期間限定のキャンペーンのようなのですが、この時期はいい選択肢です。

こちらもどうぞ