目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

フリープランの急登板?AWA(サイバーエージェント)の対応がコロコロ変わりすぎて驚く

昨日から利用を始めた、サイバーエージェントとエイベックスの2社によるサービス、AWA。

アプリとしての使い勝手も言うほどか…という思いがありますが、何よりも「課金」、料金に対する対応がコロコロかわって面白かったので、備忘を兼ねてメモしておきます。

  • AWA、プレミアムプランは月額1,080円
  • 90日間無料のプレミアムプラン
  • 90日経過後のAWAの対応がコロコロかわる
  • 契約の感覚を持たせないこととスリープユーザー

※サイバーエージェントとエイベックスが共同出資してAWA株式会社をつくってるんですね

AWA、プレミアムプランは月額1,080円

AWA(アワ)は、そもそも月額課金制で音楽聴き放題のサービスです。

聴き放題といっても、AWA側のリストに入っている必要があるので、食べ放題と同じで「この中から選んでね」というモデルですが。

サービス開始時点で100万曲あると言います。

2015年待つには500万曲を目指すとか。

感覚的には、エイベックスが得意そうなダンスミュージックが充実していますね。

あと、洋楽が多い。

これは権利処理的な関係なのでしょうか?

アプリで利用されている画像とかをみても、(偏見満載でいうと)クラブで盛り上がる系のユーザーがターゲットっぽいです。

90日間無料のプレミアムプラン

1,080円のプランです。

いろんないみですごいのは、90日という長期間の無料期間を設定しています。

これは…性善説で考えると、90日も利用していたら利用の習慣がついて、離れられなくなるね!といえます。

性悪説で考えると、90日もあったら契約したこと忘れるから、利用がなくてもお金だけ払い続けてもらえるね!といえますね。

契約について、どのように考えているのでしょうか。

90日経過後のAWAの対応がコロコロかわる

前提:利用開始時には契約を求められない

アプリダウンロード時には、まったく契約について触れられません。

触れられているのですが、「アプリを開始したら会員規約に同意したものとみなします」という、包括的な契約。

これだけで、すごいなぁと思いますよね。

ちなみに、androidであればgoogleのアカウントに紐づいたクレジットカードがあれば、そこから自動で引き落としが可能になるというモデル。

当初:90日後にプレミアムプランに自動移行

アプリダウンロードの説明でも、90日後には自動更新でプレミアムプランになるという注釈が。

これってなかなかすごい。上記の性悪説を考えてしまいますね。

(定かではありませんが)一番最初は自動更新の解除方法さえ載っていなかったような気もします。

5/29の朝時点では、自動更新のチェックボックスを外す方法がアプリに掲載されていました。

現在:90日後はフリープランになる

トラブルが多かったのか、現在は90日後は自動で課金ではなく、フリープランになるから安心だ、とアナウンスされています。

これって不思議なのが、サイバーエージェントの公式ページに行っても、昨日や5/29朝の時点でフリープランの記載ってないんですよね。

プランを、1,080円のプレミアムプランと360円のライトプランの2つしか表示していません。

…とってつけたように、制限時間内で利用可能…みたいな文言も追加されているので、これがフリープランなのでしょう。

契約の感覚を持たせないこととスリープユーザー

月額の定額課金モデルは、ドコモをはじめとしたキャリアビジネスの定番ですね。

機種変更の際に、割引の条件として30日間無料なんかで加入してもらう。

そして、使わなくても解約を忘れると、延々と課金され続ける。

なんともいらだちを覚えるビジネスモデルです。

とはいえ、最初に「契約」という概念がある分まだ良心的…なのでしょうか。

今回サイバーエージェントのAWA、高額な月額課金アプリがどうなるかの試金石になるかも感あります。

関連記事