目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

ドコモが割引に見せて値上げ誘導、スマホデビューボーナスキャンペーン

ドコモが6月いっぱいの機種変更割引をしています。

しかし、これは機種の割引を盾にして、毎月の利用料金を値上げするというやり方ですね…要注意。

  • ドコモのスマホデビューボーナスキャンペーン、たった5,400円割引
  • 割引機種は、型落ち機種に限定
  • FOMAからXiにすると、カケホーダイ必須で値上げ達成のドコモ

ドコモのスマホデビューボーナスキャンペーン、たった5,400円割引

割引の内容は、機種変更対象者に5,400円の割引をする、というものですね。

とはいえ条件があるので、その条件も確認しておきましょう。

  • 対象者:FOMAユーザー
  • 対象機種:2014年モデルの一部
  • 割引金額:5,400円
  • 条件:カケホーダイかつシェアパックに新規加入

いまのFOMAユーザーであれば、だいたい条件は満たしますね。

しかし、割引金額がたったの5,400円というのは…

そもそも、FOMAからXiに機種変更する場合は手数料として2,160円がかかるので、ちょっと残念な気持ちになります。

割引機種は、型落ち機種に限定

機種変更で割引になる対象機種は5機種。

  • XperiaZ3compact
  • GalaxyS5active
  • ArrowsNX
  • らくらくスマートフォン3
  • らくらくスマートフォンプレミアム

この中で一番いいのはXperiaでしょう。

年度末にも投げ売りされていましたが、性能は抜群です。

GalaxyS5activeはイロモノな感じがありますからね…

ドコモではタフネススマホがないので、それが丁度ほしかった、っていう方にはいいのかも。

それにしても割引の絶対額が低い。

参考:Galaxy ActiveはGalaxy S5と同じ中身だとあしらわれた

あとはらくらく系の2機種ですね。

これも在庫処分の感じあります。 

FOMAからXiにすると、カケホーダイ必須で値上げ達成のドコモ

今回のドコモの策略としては2本ですね。

在庫処分×カケホーダイによる値上げです。

基本的に、今回の割引き条件にも入っていますが、Xiのスマホにする場合にはカケホーダイの契約が必須になります。

そして、通話をあまりしない場合でも他に選択肢はありません。

いままで、音声の基本料金が780円だったものが2,700円になるわけです。

トータルは安くなりますよ!と言われるかもしれませんが、ほぼ同等の価格にするためにはデータ通信を7GBから2GBに思いっきり下げる必要があります。

※2GBのプランは割引対象外なので10GBから、結局値上げです

AWAのような定額ストリーミングサービスとか使おうとすると、一気に足りなくなりますね。

つまり、5,400円という目先の少額な割引で釣って、毎月の金額値上げなので1~2か月もすれば回収できるモデルを作ってるわけですね。

さすが、今年度は増収予想の会社はやることが違います。

個人的にはXperiaZ3とOCN モバイル ONE を組み合わせて使っているんですが、十分快適です。1日110MBで月額900円。

もうちょっとデータ容量あげようかなーとも迷っていますが、上げたとしても安いですからね。 

ちょっと最近のドコモの値上げ攻勢があからさますぎて、辟易しています。

関連記事