読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

Kindlepaperwhiteが3,000円オフ:専用端末の読書は捗るのか

電子書籍の専用端末、Kindle。

その上位モデルのKindle Paperwhiteが6/14まで3,000円オフ、約1万円で購入できます。

しかし、Kindleアプリをいれさえすれば、スマホやタブレットでも読むことができます。

果たして、Kindleの専用端末を購入する必要はあるのでしょうか。 

  • KindlePaperwhiteのスペック
  • 電子ペーパーだと目が疲れない?
  • 最大のメリットは読書体験に集中できること 

KindlePaperwhiteのスペック

Kindleの専用端末には、現在3ラインナップがあります。

  • KindlePaperwhite
  • KindleVoyage
  • Kindle

このうち、解像度が一番高いのはVoyage。

ただし、2万円オーバーの高価格。

価格が安いのは無印のKindle。6,000円台。

その代わりに、せっかくの専用端末にもかかわらず解像度は低い。

paperwhiteが一番中庸ではありますが、ある意味バランスの取れた機種だと言えるのかな、と。

電子ペーパーだと目が疲れない?

私は普段の読書はスマホとタブレットのKindleアプリで読み分けています。

しかし、若干読みづらいのが、どうしてもカラーディスプレイになっているので、余白の部分が青っぽく光ったりだとか、ちょっと目が疲れるかなと思うこともなくはないです。

ちなみに、iPadminiからiPadairに変えるとこれはだいぶ改善されました。

XperiaZ3は若干青みがかっている印象あります…このへんはお持ちのスマホの様子をみてください。

で、Kindle。

1日だけ借り物で体験したことがあるのですが、目は全然疲れないです。

変にバックライトもつかないので、確かに紙の本を見るのに「近い」感覚で読み進めることはできます。

ただし、若干気になるのがページ送り。

スマホのKindleに慣れていると、ページ送りはするっと次に行く感覚があるのですが…

Kindleは違います。

電子ペーパーとして、表示しているものの切り替えに若干の時間がかかるので、コンマ数秒かもしれませんが「あぁ、切り替えてるんだな」と感じるほどのラグがあります。

本を読むスピードが速い方には、結構ストレスかもしれません。

Kindle最大のメリットは読書体験に集中できること

最終的に、専用端末の何がいいのか、ということです。

実は、一番いいのが「誘惑がない」ということではないかと。

スマホで読んでいると、LINEやらメールやらで連絡が来たり、アプリのプッシュ通知が来たりして気が散ってしまいます。

誘惑に打ち勝てる人なら問題ないのですが、集中して本だけを読もうとするのなら、物理的に通知が来ないようにしておいてあげるほうが確実、ではあります。

そうすると、結果的に専用端末であるKindleを持っておけば、読書に集中できる…という算段です。

集中した読書体験、紙に近くて目が疲れない。

これに魅力を感じられたら、Kindleの専用端末はいいものです。

6/14まで中庸のKindlepaperwhiteの3Gモデルが3,000円引きですね。

3Gなので出先でも書籍のダウンロードができる上に、月額料金もかかりません。

タブレットのKindleFireに魅力は感じませんが、割り切った専用端末は使い方によってオススメできますね。 

 

関連記事