目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

おかわりSIMが日本通信から:500円から1,500円の多段階定額制

VaioPhoneで有名な日本通信から、一風変わったように「見える」SIMカードの販売です。

その名も、おかわりSIM。

500円からスタートできて、上限1,500円で安心だよ~、というSIMですね。

  • おかわりSIM(日本通信)の概要
  • おかわりSIMは多段階定額制に見えるが…?
  • 使い方による定額制

■参考■

おかわりSIM(日本通信)の概要

日本通信から、500円でLTEの高速通信が使えるSIMです。

利用はドコモのネットワーク、というのは今までと変わりありません。

料金がポイントですね。利用データ量によって、1GB~5GBまで細かく分かれます。

  • 1GB:500円
  • 2GB:750円
  • 3GB:1,000円
  • 4GB:1,250円
  • 5GB:1,500円

かつ、利用量が少ないときは500円、増えたら750円…と、月ごとのプラン変更や、追加のチャージをすることなく自動で切り替わっていく、というシステムです。

おかわりSIMは多段階定額制に見えるが…?

日本通信のウェブサイトを見ると、「使った分だけ後からお支払できる5段階定額制」とあります。

確かに、段階的な定額制ですね。

言い方を変えると、今月は1GBでとどめようと思って利用していても、自動で次のプランに切り替わる、とも考えられます。

MVNO各社、それぞれのプランを超えた場合にチャージするクーポンは用意しているわけですから。

…しかし、それを差し引いても格安、といって差支えがない値段設定。

きちんと使えたら、のことですけどね。

もちろん、利用の制限もありまして…3日間で360MB以上利用すると、低速になるようです。1日あたりは120MBですね。

それだったらOCNモバイルONEの110MB/日で十分なのでは。

こちらは900円ですしね。

使い方による定額制

もともと2段階定額制がドコモ等のキャリアであったのは、そんなに使うかどうかが分からないけど青天井の料金設定は怖い、というところが出発点ですよね。

パケ死、ていう言葉が如実に表しているように。

今のMVNO各社の料金設定って、うまくできていて「青天井で死ぬ」ことがないのですよねぇ。。

しかも、スマホになってアプリベースで日々どれだけ利用したかが瞬時に確認できるようになってきていますし。

それを考慮に入れると、多段階の定額制ってあまり意味がないのかなぁ、、と思います。

それよりは、前述のOCN モバイル ONEであれば、日額プランでも月額プランでも前日/前月の利用の余りを翌月に繰り越すことができます。

そうすることで、毎月の利用を均一にしながら、安心の利用設定ができるんですよね…安いし。

さらに、同じ5GBを考慮するのなら、DMMモバイルが5GB1,220円ってのも素敵。

こちらももちろん繰り越し可能です。

日本通信が、どうしてもVaioPhoneの売り方のイメージがちらつくこともあり…

しかも他のサービスがこなれてきているので、敢えて選ぶ意味が感じられない、ですね。 

関連記事