読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

Popcorn Buzz(LINE)のグループ通話はビジネス活用の可能性?

LINE スマホ/IT サービス

気が付いたらいろいろな新しいサービスを追加している、LINE。

現在はandroid版のみですが、Popcorn Buzzという新しいサービスが追加されています。

人数が200人までの、グループ通話機能のアプリですね。

ちなみに、これはLINE電話とは違って、LINEと別アプリをダウンロードするものなのでご注意を。

  • Popcorn Buzz(LINE)の概要
  • LINEとアプリを分けたことの弊害
  • Popcorn Buzz(LINE)はビジネス利用に寄せられるか

Popcorn Buzz(LINE)の概要

最初に注意をしないといけないのが、「LINE株式会社のアプリ」であり、LINEとは別物です。

ただし、Popcorn Buzzの会員登録をする際に、LINEのアカウントをもっていればそちらでログインも可能。さらには、LINEの友達情報の同期もできるということです。

事前にそうやって会員登録をしておけば、特定URLを発行してグループ通話をしたい人に送れば、通話が可能になる、という仕組み。

LINEのグループチャットが、テキストから音声に進化した!という感じでしょうか。

LINEとアプリを分けたことの弊害

正直なところ、いらない人にはいらない機能なので、分けておいて正解ではありますよね。

…というか、プライベートで何人か同時にグループ通話したい!というニーズを感じたことがほとんどないのですが…。

弊害として、普及に相当な時間を要するかと思われます。

単純にLINEに機能追加をしただけでも、いきなり電話がかかってきたらびっくりするのに、それに加えて新しい操作を覚えなければいけないというのは大きなハードル。

しかも、是が非でも使いたいという願望があるかというと、それもはてなマークがうかびますね。

Popcorn Buzz(LINE)はビジネス利用に寄せられるか

グループ通話の利用シーンとして考えられるのは、ビジネス利用ですね。

ビジネスであれば、他拠点間の電話会議、ビデオ会議という利用シーンは存在します。

それが、スマホさえあれば通信料のみで利用できるというのは、コスト的にも手軽ですね。

過去に実施した電話会議の設定の煩雑さを思い返すと、簡単にできるのならぜひ使いたいとさえ思います。

問題は、そのビジネス利用にしたときにLINE株式会社に対して信頼をおけるのか、ということ。

プライベートならいいのですが、ビジネス利用で、かつ重大な情報をやり取りする可能性があるのならばあまり歓迎したい状態ではない…とも思います。

まぁ、それがNTTとかの電話会議システムだったり、Skypeだったらいいのか、という話でもありますが。

Popcorn Buzzという名前も、LINEの色を消すという目的があったのかもしれません。

しかし、グループ通話のことも想起できないですし、結局プロモーション時にLINE株式会社の名前が出るのであればあまり意味がないような…

せっかく出てきたものの、なんとなく微妙な気がしています。

200人同時通話の技術はすごいんでしょうけど、正直使い物になるかは疑問ですしね。 

関連記事