読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

SHARPのスマホ、種類を出しすぎ?数があっても不信なAQUOS

日本メーカーの一部がスマホ作りから撤退した影響もあり、一時に加えてずいぶんとドコモ等のキャリアから発売されるスマホの種類は減りました。

(減っても変わり映えしない、というのはさておき…)

少なくなった中でもなんかすごいな、と思うのが、SHARPです。

ドコモauソフトバンクの3キャリアに卸していることもありますが、どれだけ種類を豊富にだすんだ、と。

  • 2015年夏のSHARPスマホ(AQUOS)
  • IGZOの次はEDGESTとエモパー
  • 多い種類は身を亡ぼすか?

2015年夏のSHARPスマホ(AQUOS)

日本メーカーで元気?なのは、ソニーに富士通、そしてSHARPでしょう。

この夏に、たくさんの種類を出しています。 

  • AQUOS ZETA(ドコモ)
  • AQUOS EVER(ドコモ)
  • AQUOS PAD(ドコモ)
  • AQUOSケータイ(ドコモ)
  • AQUOS serie(au)
  • AQUOS K2(au)
  • AQUOS Xx(ソフトバンク)
  • AQUOS CRYSTAL2(ソフトバンク)

ドコモが半分を占めますが、全部で8種類。

スマホ、タブレット、スマホよりのガラホ、ガラケーよりのガラホ…

非常にバリエーションも豊かですね。 

IGZOの次はEDGESTとエモパー

個人的には、SHARPのスマホがいいな、と思い始めたのはIGZOの電池もちのいいスマホからですね。

ドコモのAQUOS PHONE ZETAの時代です。

色がどぎついのを除けば、かなりいい機種でした。

電池もちに関しては、現在は他のandroidスマホも同等になってきているので、徐々に競争力を失っていますね。

今の一番のウリは、EDGESTではないでしょうか。

超・狭額縁。やっぱり、同じサイズでも画面が全体に広がっている、というのは非常に使い勝手がいいです。

GalaxyS6edgeなんかは、両サイドを曲面スクリーンにして画面を広くみせるくらいの手法ですからね。

しかし、AQUOSはテレビでももっと狭額縁出したらいいのに、とか思います。

韓国のLG電子が出してますよねー。

あとは、ノートPCですが、DELLのXPSシリーズはほぼ全部画面で素敵です。

やはり、同じ画面サイズでもコンパクトにできるのは大きな強みになるのではないかと。

あとは、話しかけたら答えてくれるエモパー、ですね。

これも、先日記事にしたひつじのしつじくんがベースになったOHaNASと同様ですが、暇つぶし専用にするほど魅力はない、とだけ伝えておきましょうか。

社内では盛り上がるんでしょうね、きっと。

参考:OHaNAS(ドコモ)の自然対話プラットフォームとPepperくんとひつじのしつじくん 

多い種類は身を亡ぼすか?

正直なところ、こんなに出さないでくれ、と思います。

ドコモやauのandroidOSアップデート予定機種を眺めていても思いますが、結局フラッグシップモデル以外は切り捨てられて、販売後のサポートは期待できない。

そうすると、中途半端に「この機能はいいな」と思って購入しても、あとあと残念な思いをして買い替える羽目になるのですから。

フラッグシップのスマホとガラケーを1台ずつ作ってくれて、たまにタブレットがあればそれでいい…くらいですよ。

…ガラホが売れたらまた経営陣はバンバン業容拡大していくのでしょうか。

経営状態含め、選択と集中が必要なところに来ているのかな、と。

きちんと「信頼のできる」ブランド構築をしてほしいものです。