読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

appleMusicも6月末にスタート:9.99ドル/月でAWAよりお高め

定額の音楽サービス、日本ではAWAが先行しましたが、appleも類似のサービスを発表しました。

名称はappleMusic、月額9.99ドルのサービスです。

著作権の関係から、日本は後回しになるかと思いきや、日本のapplestoreのWEBにも表記があり、「まもなく開始」となるようです。

appleの発表では6/30にスタート、とのことですが、日本も同日にスタートできるのでしょうか。

そして、AWAやLINEMusicとはどのように違ってくるのでしょうか。

  • appleMusicの概要と価格
  • beats1がちょっと未来の姿
  • icloudと連携する強み 

appleMusicの概要と価格

appleMusic概要

AWAやなんかと同様の、月額課金の音楽ストリーミングサービスです。

キーワードになりそうなのはこの3つですね。

  • connect
    ミュージシャンとのSNS的な機能です。
    音楽にとどまらない写真や、ちょっとした映像が見られる。
    そしてファンからのコミュニケーションもとることができる。
    CDジャケットのアートワークが双方向になったイメージでしょうか。
  • appleMusic
    音楽機能の本丸ですね。
    appleが提携した音楽を聴くことができます。
  • beats1
    applestoreでは「radio」となっています。
    後述しますが、radioという名前で24時間音楽キュレーションをし続けるモデル。

appleMusic価格は2種類、3か月の無料期間

価格は2種類あって、3か月は無料期間があります(AWAもそうだったね)。

  • 個人:9.99ドル/月
  • ファミリー:14.99ドル/月

ファミリーは6人まで、ですね。

家族であれば、自宅でみんなで聴くというシチュエーションもありえますが、よりiPhoneを中心としたパーソナルな音楽体験を想定しているのでしょう。

音楽好きが2人いたら、個人よりも安くなる…ということで、ついで買いの心理は起こり得るかもしれません。

beats1がちょっと未来の姿

beats1です。radioということで触れましたが、これが割と日本でも(メディアで)流行っているキュレーションの音楽版になり得るのかなーと思います。

今のラジオとか有線放送もそうなのですけど、新しい音楽の出会いというか、DJがこんなにクールな曲があるぜ!って教えてくれるものなのですよね。

それを、appleが認定した人たちが自信をもってオススメする新しい音楽との出会いを提供する。

そして、いい音楽が集まるからお金が集まって、さらにいいものが集まる。

このサイクルが出来上がっていくのかなー。

日本のキュレーションメディアが名前だけ踊って単なるまとめサイトになっている現状と、音楽サービスはなかなか雨後の筍のようには出てこないでしょうが、場合によってアマチュアがやると悲惨な状況になるかな、と。

icloudと連携する強み

あとは、iTunes、icloudと連携するのもappleならではですよね。

自分のプレイリストがまるっとicloudに上がって、そこからレコメンドが送られてくる。

AWAやなんかの新興サービスだと、まずは自分でプレイリスト作ったりお気に入りを意思表示しないといけないですが、iTunesのデータがあればどんな曲を何回再生したか、っていうデータがすでに取れますからね。

そういう意味で、appleはもう膨大なデータベースをもっているということ。

ここからレコメンドも含めて、どのような精度と体験を出してくれるかは楽しみなところです。 

関連記事