目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

dポイントはドコモポイントと別物:自動的に変わるわけではないので注意

ドコモのポイント制度、今までもありました。

それが、2015年12月から、新しく「dポイント」に変わります。

dポイントになると、ローソンのPontaとのポイント切り替えが可能になったり、日常の買い物で使えるシーンが広がりますね。

しかし、注意をしないといけないのが1点。

今までのポイント、全部がdポイントになるのではありません。

  • dポイントクラブの開始
  • ドコモプレミアクラブとの違い
  • dポイントになれないドコモポイント

dポイントクラブの開始

今までのドコモのポイント制度、ドコモプレミアクラブ。

これが、2015年12月1日から新たにdポイントクラブに変わります。

基本的には自動的に会員制度が切り替えられる…つまり、今までドコモプレミアクラブに入っていた人(おそらくほとんどのドコモユーザー)が、dポイントクラブの会員に切り替わるのですね。

…これによって、ローソンは一気に5,000万以上の顧客基盤を手に入れる…なかなかにお買い得な提携な感じありますね。

ポンタカードとTカードって、少なくとも自分の周囲を見渡すと圧倒的にTポイントカードユーザーのほうが多いですから。

ドコモプレミアクラブとの違い

さて、ドコモプレミアクラブとは何が違うのか。

  1. ポイントの貯まり方が違う
  2. ポイントを貯める場所が違う
  3. ポイントを使える場所が違う

ポイントの貯まり方が違う

今までは、ドコモの利用年数に応じて、ドコモの利用料金に対してポイントが貯まっていました。

この「利用年数に応じて」という部分が大きく変わっていますね。

利用年数はほぼ関係なく、いかにして主体的にポイントを貯めていくかがキーになります。

ポイントをたくさん貯めた人が、さらにポイント優遇されることになります。

(自分のユーザー属性情報をたくさん企業に提供する代償ですね)

ポイントを貯める場所が違う

今までは、上記のようにドコモの利用に対してポイントが貯まっていました。

それが、加盟店でのカード利用でポイントが貯まるようになります。

加盟店はローソンを中心として、増やしていく模様ですね。

ポイントを使える場所が違う

今まではドコモ内のサービスに対してしかポイントが使えませんでした。

比較的、ドコモだけどドコモじゃないサービスとしてはモノの購入であるdショッピングとかのサービスぐらいですかね。

それが、ローソンのような実店舗で使えるようになる。

これは割と大きな違いになるでしょう。

dポイントになれないドコモポイント

注意すべきは、プレミアクラブからdポイントクラブには自動で変わりますが、すべてのポイントがdポイントに変わるわけではない、ということです。 

自動で変わるのは、2015年4月以降に獲得したポイント。

つまり、それまでのポイントは、旧来のドコモポイントとしてしか利用ができない、ということです。

ドコモポイントは機種変更時に機種代金に充てたりもできますが、先ほど紹介したdショッピングのように、日用品と交換もできます。

ちょっとのポイントも無駄にしたくはないものですね、せっかくなら。

盲点のファッション通販:dファッション

日用品はdショッピングがおすすめですが、意外と盲点になるのはファッション通販のdファッション。

同様のファッション通販のZOZOTOWNの決算をみてもかなりの伸びを見せてますが、使ってみると実際にかなり便利です。

最初はベルトとかの小物を買っていたのですが、サイズが分かってきたらTシャツなど、少しずつ買うものを試していくのがおすすめ。

なんせ、時期によってはかなりの割引率のセールをやっています。最大8割引きとかなので、インナーとしても使えるTシャツや、ちょっと試してみたい服を買うのには便利です。

ブランド別や、価格帯別で検索もできるので、お気に入りブランドがあるかを試してみてはいかがでしょうか。

意外と、普段買っているブランドがお安く購入できるチャンスかも。

こちらからチェック→【d fashion】 

参考:ドコモポイント、5月末に失効:機種変更以外で使い切る方法 

参考:ドコモポイントがdポイントに変わる:どんなに長く使っていても意味はナシ