読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

Niftyの格安SIMがデータ繰り越し対応で、どんどん使いやすくなる

MVNO サービス スマホ/IT 料金

最近、新しいことをどんどんいれて注目株なのが、Niftyが提供する格安SIM(MVNO)サービスの、Nifmo。

7月から、MVNO各社が提供してきたデータ容量の繰り越しを開始するようです。

以前のインタビューで、6月には通話定額のサービスにも言及していたので、そろそろNifmoが存在感を出してくる予感があります。

  • Nifmoのデータ容量繰り越し
  • 他とは違う割引が存在するNifmoバリュープログラム
  • 通話定額もそろそろ導入のころあい、Nifmo発となるか

Nifmoのデータ容量繰り越し

データ繰り越しの内容は、他社がやっているものと基本的には同等。

月間3GB利用可能なプランで、1GBしか使わなかった場合は、2GBを翌月に繰り越せる。

トータルで翌月5GB利用できる!というプランですね。

それでも1GBしか利用しなかった場合は、4GB…ではなく3GBが繰り越されます。

あくまでも、翌月までの繰り越しで、2か月先までは繰り越せないということですね。

こういった繰り越しができる場合だと、最初の数か月我慢すれば、どんどん3GBずつ蓄えられていって、倍量が使えるようなイメージでもあります。

精神衛生上、とてもありがたいサービスですね。

他とは違う割引が存在するNifmoバリュープログラム

Nifmoには、バリュープログラムというほかのMVNOにはない割引プログラムがあります。

使い勝手のいい割引は2種類。

  1. Nifmoアプリ経由でネットショッピング
  2. Nifmoのおすすめアプリのダウンロード

1つ目のネットショッピングは、普段よく購入するのが対象に入っているとオトクですね。

yahooショッピングや、東急ハンズ、マツキヨにイオンも入っているので、けっこう普通に使えます。

還元率はバラバラですが、0.9%~10%と高額なものも。

日常使いできるものは還元率が低いものも多いので、普段の買い物で1%安くなる、と考えたほうがいいですね。

2つ目のオススメアプリのダウンロードは…LINEのフリーコインと近いものと考えてもいいかもしれません。

Niftyから推奨されるアプリをダウンロードしたら、ダウンロードしたアプリに応じて月額料金が割引されるというものですね。

こちらはちょっと手間もかかるので、副次的なものとして考えたほうがいいかも。

やはり、普段使いの(イオンネットスーパーとか)が割引になる、ネットショッピングのほうが偉大です!

どうやらNifty社内では実質無料と書きたいところを、それはさすがに…ととどめたとかいう嘘かほんとかわからない話も。

通話定額もそろそろ導入のころあい、Nifmo発となるか

さらには、Nifmoが大手キャリアの1/3くらいの価格で通話定額に参入する、ということもすでに表明されています。

もっとも、正式なスペックは発表されておらず、夏ごろ…という話だったので、そろそろころあいではないでしょうか。

ちょうどデータ通信に関しても繰り越しができる使いやすさに。端末のセット販売も、Zenfone2のセットなら他社よりも安い水準で持ってきています。

これに、音声定額も入るようであれば、いままでドコモやauを使っていたところをそのまま切り替えることもできそうですね。

7月からは、Nifmoが格安SIMの中でもいい感じになりそうです。

関連記事