読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

ドコモ2015夏の機種変更、目玉はSHARPのAQUOS EVER

月々のスマホ代を安くする手段は各種ありますが、なかなか大手キャリアから離れられない、という人は多いものです。

釣った魚に餌をやらない…スタイルのドコモ等の大手キャリア。

しかし、2年前のドコモのツートップまでは行きませんが、地味に機種変更の人こそ優遇される機種をドコモが発売しています。

それが、SHARPのAQUOS EVERです。

  • 機種変更のオトクさトップ、AQUOS EVER
  • AQUOS EVERのスペック
  • 機種変更をすべきか否か、カケホーダイ

機種変更のオトクさトップ、AQUOS EVER

オトクというからには、価格に注目です。

※2015/6/25現在のドコモオンラインショップ価格

  • 一括支払金額:54,432円
  • 機種変更実質価格(10年未満):10,368円
  • 機種変更実質価格(10年以上):0円
  • MNP実質価格:39,528円

注目は、機種変更の価格のほうが、MNPの価格よりも大きいのです。

これは、既存のドコモユーザーとしてはくすぐられる価格設定ではないでしょうか。

参考までに、XperiaZ4の場合はこんな感じです。

  • 一括価格:93,312円
  • 機種変更実質負担金:55,728円
  • MNP実質負担金:10,368円

ガッツリMNP優遇してますよね。

これを逆転させた、っていうのは既存ユーザーを見た価格設定なのかな、と。 

AQUOS EVERのスペック

いくら既存ユーザーにやさしい設定であっても、全然つかえない端末では意味がありません。

スペックの確認。

  • OS:android5.0
  • CPU:1.2GHzクアッドコア
  • RAM:2GB
  • ディスプレイ:5.0インチ
  • 備考:防水、おサイフケータイ対応

ハイスペックとはいいがたいですが、おサイフケータイもついて必要十分…といえるところではないでしょうか。

ツートップ使っていた人の行き先として、もっと大々的にアピールしてもいいところだと思います。

機種変更をすべきか否か、カケホーダイ

ちょっと前までなら、この価格設定であれば機種変更すべき、という考えでした。

理由は、月々サポートという割引です。

今から2~3年前の機種であれば、毎月2~3千円の割引がきいており、2年するとその割引がなくなる…という欠点があったのです。

実質負担0円だったら、まさに変えなきゃソン、という事例ですね。

しかし、今は状況が異なります。

月々サポートの割引をつけるためには、カケホーダイ&パケあえるのプラン加入が必須になるので…場合によっては高くなるのですよねぇ。

しかも、カケホーダイにすると後戻りができない(前のプランには戻せない)というのもなかなかつらいところ。

結論としては、これからも家族でドコモを使い続ける!という決意がある人にとってはぜひとも機種変更すべきだなーという機種です。

場合によっては、変えてもいいんじゃないか…という場合であれば、格安SIMの検討をお勧めします。

知らないより知っている!ということは大切ですからね。

機種変更について詳しく:ドコモの機種変更は要注意!カケホーダイ必須だよ 

格安SIMについて詳しく:OCNモバイルONEで40Mbps記録