目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

ガス代の二重請求に愕然とした:自己防衛の必要性を考える

嘘みたいな本当の話です。

ここ数カ月の間、ガス代を二重請求されていました。

結論から言うと、問い合わせ確認から二重請求が判明したその日に、きちんと振り込みはされたのですが…気づいていなかったらと思うとゾッとします。

自分の備忘録も含めて、経緯と対策を記載しておきます。

  • ガス代二重請求の経緯:何が起きていたのか
  • 二重請求に気付いたきっかけ
  • ガス会社の対応
  • 月額課金を把握する

ガス代二重請求の経緯:何が起きていたのか

正直なところ、「何を言っているんだ」という感じです。

毎月のガス代が、違った金額で2回支払いが起きていたのです。

そんなんすぐ気づくでしょうよ、と思うかもしれませんが、前提があります。

  • ガス代を、クレジットカード払い(自動支払い)にしていた
  • ガス代の請求書はポストに投函されているが、1枚だけだった

基本的に、ガス代に関して毎月必ず目にするのは、ポストに投函されている請求書です。

それに目を通して、あー今月ちょっと高いな、とか、冬をこえると安くなるなぁとか考えていたわけです。

裏で二重請求をされていることも知らずに。

二重請求に気付いたきっかけ

きっかけは、(当然ながら)クレジットカードの明細です。

業務上の立替払いも多いので、合計金額だけを見ていては、多い少ないを見逃してしまいます。

たまたまなのですが、どんくらい使っているのかなーとしっかり明細に目を通してみたのですね。

そうすると、請求のところに同じガス会社の名前が2行ある。

そして、両方とも似ているけど違う金額が書いてある。

…はて?とおもいました。

水道代みたいに上水と下水が分かれている?にしても請求は一本になるだろ??しかもガス代で???

遡って数か月分を確認します。

そうすると、毎月2重請求になっているのですが、ある月以前は1個しか書いていないのです。

こりゃ何かあるな、とガス会社に問い合わせ。

ガス会社の対応

こちらから伝えたのは2点。

  • 毎月2回の請求があるということ
  • それぞれの日付と金額

折り返しの電話を待つこと1時間。

「すみません、二重になっていたので返金します」

そこから返金の口座とかを伝えたのですが、やはりこちらとして気になるのは、何が原因でこうなったのか、ということ。

それを最初に伝えてくれなかったのも驚きですが、軽い口調で聞いたら教えてくれました。

同じマンションに引っ越してきた人の部屋番号を間違えて、2人分つけちゃってました、ということ。

なんじゃそりゃ、と。

どんだけ顧客情報の管理が杜撰なのかと。

つまりは、マンションの別の部屋の人のもとには、毎月請求書の紙は投函されていたけどクレジットでの支払いは生じていなかったわけです。

でも、気づかないですよね。

ガス会社は、きちんと請求合計と支払合計があっているので、問題なし。

問題ありは私だけだったということ。

月額課金を把握する

…今でも正直ガス会社には立腹しています。これ、自分で気づかなければずっと請求され続けていたわけですからね。

今回のような二重請求は、特殊すぎる事例かと思います。ですが、その月の単月だけで何が起きているかって、ビジネスでも家計でもなかなか把握できないもの。

たまには明細をきちんと確かめておきましょう!

関連記事