目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

applemusicを使い始めた:まさかの今までの曲が消えた恐怖体験

AWA、LINEmusic、dヒッツときて、真打ちたるappleMusicの出番です。iPhoneのOSアップデートと同時に、appleMusicも勿論オン。さっそくどんなものか試してみました。他の2社にないサービスとして、自分の好みの曲…今までiTunesに溜め込んできたプレイリストと連動をとってレコメンドをしてくれる、今までにない体験ができるはず!との期待感で鼻息荒くアップデートをしてみたのですが、待っていたのは恐怖体験でした。

  • 初期設定:アップデートと課金のオフ設定
  • MyMusic:プレイリストの大半が消える
  • 週末の課題:プレイリストの復活

初期設定:アップデートと課金のオフ設定

appleMusicを利用するには、まずOSアップデートをしなければいけません。バージョンアップの初期は不具合がつきもの(過去、LINEの履歴全部消えたりとかも経験しました)なので、しっかりiCloudにバックアップをとりました。人間は過去の経験に学ぶ生き物ですからね。

そして、OSアップデート。Wi-Fi環境だったので、使えるようになるまで10分もしませんでしたね。そうすると、今までの赤いMusicアイコンが、白ベースに虹色のアイコンに変わっている…正直、外観を変えるのは勘弁いただきたい。

まずは自動課金されないように設定…が困難

AWAやLINEMusicとの一番の違いはここですね。そもそもappleに対して(アプリダウンロードのために)クレジットカード登録をしているので、相手が課金の手段を握っているわけです。

それもあってか、基本的には最初の画面での選択肢は、980円の個人プランか1,480円のファミリープランのどちらかを選択すること。最終的には、自動更新をオフにすることで課金はなされないのですが、いかにもすぐ課金するような文言でビビります。

自動課金なしの設定方法

本日の最大のポイントはココです。 

  1. Musicアプリ起動
  2. 画面左上、人のシルエットのアイコン
  3. appleIDを表示
  4. 管理
  5. 更新オプションをオフ

これだけやっておけば、不安が解消できます。AWAもそうですが、最初の時点で有料なの?無料なの?どっちなの?ってのは、なかなか安心して利用できない要素ですね。会社としては継続課金をしてほしい、という意志はひしひしと伝わってきますが。 

MyMusic:プレイリストの大半が消える

実は、問題はココからです。新しいMusicアプリには、5つのタブがあります。 

  1. ForYou:自分の好みのジャンル(Rock,Popとか)を設定
  2. New:最新曲、注目トラックを出す
  3. Radio:24時間放送のラジオ
  4. Connect:アーティストやキュレーターをフォローできる
  5. MyMusic:今までのプレイリスト

オフラインで聴く肝心のもの…ってか、自分の今までのお気に入りが詰まっている要素がここにあります。最近も新しいCDを読み込んだりして、楽しんで視聴していました。ここで問題発生。 

圧倒的に少ない曲数

iPhoneが16GBのモデルなのです。そのため、曲も厳選して入れていました。とはいえ100曲くらいありますね。

MyMusicを開いたら、10曲程度しかありません。どこに行った?各アーティスト、曲目は1曲ずつくらい。混乱が訪れます。

見出した共通点は、一つ。オンラインでダウンロード購入した音源です。そのため多くても1曲か2曲(U2だけ11曲…笑)で、今まではクラウド上に眠っていたものです。それが全曲復活した代償に、アナログにCDから取り込んだ曲たちはいなくなってしまった、と…。青ざめます。

週末の課題:プレイリストの復活

おそらくですが、iPhoneの特性として、パソコンとiTunesが母艦になっています。なので、パソコンにUSB接続すれば、きちんと復活するだろうなぁと思ってはいるのですが…平日にチャレンジするのが怖くて、まだできていません。

時間のできるはず、かつ心が平穏でいられる土日に、きちんとプレイリストの復活を試そうと思います。

一番期待していたappleMusicなのですが…前途多難です。次回以降、しっかり使ってみた体験談を書いていきますね。更新されなかったら、プレイリストが復活しなかったんだな、と憐れんでください。