読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

appleMusicを使う③:ForYouのカスタマイズが難しい

AWA スマホ/IT 体験 サービス appleMusic

appleMusicで、本来は最初にやるべき設定と思われる、「ForYou」の機能。実は、設定しているつもりになっていて、設定できていませんでした。自分の備忘録と、これからやる人に向けて、僭越ながらの一言アドバイスを。

  • appleMusic、ForYouとは
  • ForYou設定に潜むappleMusicの罠
  • ForYou設定直後に出てきた曲は…?

appleMusic、ForYouとは

appleMusic起動後のタブ左下にあるのが、「ForYou」です。読んで字のごとく、あなたのために…最初に、好きなジャンルや好きなアーティストを選ぶことで、自分にぴったりの曲がレコメンドされるための設定…のようです。

最初に設定しておくのは、若干精度が低いのかもしれません。そこから、実際に再生された曲を見て、微修正をかけていく…学習していく、というのがスマホ時代の双方向通信っぽいですよね。

ForYou設定に潜むappleMusicの罠

罠というほどでもないですが、感想として。appleの製品は、直感的に使うことができる、というのが特徴だと思っていましたが、この機能にはそれが当てはまりません。正直、ぱっと開いたときに何をしていいかわからない。

開いたときに表示されているのは、赤い丸(シャボン玉のようにふわふわ動いている)に音楽のジャンルが書いてあるもの。タップしてみたり、長押ししたり…という作業が必要になるのですが、それが最初は気づけない。さらには、シャボンがふわふわいくので、自分のお気に入りのフラグたてをどこまでやったのかが分からなくなる。ちなみに、設定は以下の3段階です。

 

  1. 大好き:2回タップ
  2. 気になる:1回タップ
  3. いらない:長押し

正確にいうと、これに何のアクションも起こさない自然体があるので4種類ですね。最初に、ある程度やって満足していたのです。

 

右上の「次へ」を押していなかった

正直、タップだけでいいのかと思っており、画面が切り替わらないからタブを押してプレイリストを眺めたりしてました。で、ForYouを再び開くと最初のシャボン玉。…作るのに時間がかかるのかなぁと思いながら、翌日にもまだそのまま。ここでようやく右上の次へボタンに気づく、という体たらく。

そして、ようやく次のステップに行って、具体的に好きなアーティストも選んでみる…で、完了。

完了さえすれば、すぐにForYouのプレイリストが完成しています!

ForYou設定直後に出てきた曲は…?

うーん、、、微妙。いや、邦楽JpopやRockはあまり充実していないのはなんとなくわかるのです。それにしたって、出てくるのが洋楽ばかり、しかも自分が全然聞いたことのないものばかり。

全然聞いたことがないのをお勧めしてくれている?しかし、何曲か聴いてみたのですが、自分にぴったり…というものが見つからない。どうしたものかとちょっと途方に暮れています。

…まだ数日ではありますが、appleMusicを使って見えてきたもの。今までの聴き方、という常識をなくさないと楽しめなさそうですね。なんとなくですが、自分がターゲットユーザー外の予感が(AWAやLINEMusic同様)漂ってきています。

次回、新しい音楽視聴の仕方についてちょっと考えてみます。 

音楽ストリーミング関連記事もどうぞ