読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

マーシャルから音楽特化スマホがまさかの登場:Xperiaのハイレゾの立場が…

コラボモデルはドコモのスマホがお手の物、ですが…企業メインで作ったスマホで面白いものが出てきました。音楽ファン…バンドマンにはへヴィーな音が出るアンプで有名な、マーシャル。あのマーシャルから、スマホが登場です。

目次

  1. 音楽ファンにたまらない、マーシャルとは?
  2. マーシャルスマホのスペック
  3. 音楽といえばウォークマンとXperia

音楽ファンにたまらない、マーシャルとは?

マーシャルとは、ギターやベースのアンプを作っているイギリスのブランドです。アンプというのは、エレキギターの音を大きく慣らす…でっかいスピーカーのようなものです。

なぜマーシャルが選ばれる?

マーシャルのアンプは、ハードロック・ヘビーメタルのギタリストに愛用されています。その特徴は、ロックにふさわしい歪んだ音を奏でられること。ギターの音色は、利用するアンプによって変わるのです。そして、ロック・メタルに適した重低音を響かせられるのが、マーシャルのアンプの特徴です。

利用するアーティストは、海外だとヴァンヘイレン、日本だとB'zの松本さんもマーシャル使いですね。

B'zのpleasureにも出てくるマーシャル

完全に余談ですが、B'zの松本さんが使っているマーシャルの影響か、Pleasureという曲の歌詞にもマーシャルが言及されています。

マーシャルを運ぶとか、バンドに興味がない人には分からない表現ですが…それが分かって聴いてみるとちょっと面白い歌。

マーシャルスマホ(Marshal London)のスペック

さてさて、肝心のスマホの話です。マーシャルというブランドが重低音にこだわる、ということは前述の通り。スマホでも、音楽にこだわっています。

うたい文句は、「おそらく世界でもっともラウドなスマートフォン」。

マーシャルスマホの特徴

いい感じに音楽に特化していますね。重低音好きにはたまらない仕上がりかと。

  • イヤホンジャックが2つあり、2人で音楽を楽しめる
  • Hi-Fiサウンド再生に対応したチップを内蔵
  • デュアルマイクでステレオ録音可能
  • DJ機能のついたアプリもリリース予定

マーシャルスマホのスマホ的スペック

肝心のスマホとしてのスペックはどうでしょうか。

 Marshall London
OS android5.0
CPU 1.2GHzクアッドコア
RAM 2GB
ディスプレイ 4.7インチ

可もなく不可もなく…というところ。お値段次第ですけど、バカみたいに高くなければ音楽プレイヤーで楽しめるスマホ…と考えていいかもしれません。電池もちがちょっと気になるところですが…

なお、日本発売は未定とのこと。こういう変わったスマホこそSIMフリーでひっそりと販売してほしいですね。ドコモやauの手が加わると変なことになりそうな予感がします。

音楽といえばウォークマンとXperia

ドコモやauの大手で買う場合は、音楽ファンならXperia…が今のところの現実的な選択肢でしょうね。一応XperiaZ3以降のハイスペックモデルなら、ハイレゾ音源も対応していますし。音楽プレイヤーとスマホって、分けても分けなくてもいいのですが、外で手軽に高音質が楽しめる…というのは期待できます。

それにしても、ドコモやauの検閲をなしでも、きちんと格安SIMを使いながら利用ができるので…ビックカメラとかで購入できたらいいですね。

Xperia Z3 Compactなら、いま白ロムでも4万円程度でハイレゾ対応、いい音楽プレイヤーになりますね。

現在の価格はこちら⇒Xperia Z3 Compact

コチラの記事もどうぞ