目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

スマホが高い…1,000円で使える格安スマホ徹底ガイド

ドコモ、au、ソフトバンク…スマホを利用しようと思ったら、どこの会社を選んでも6,000円は超えてしまいます。しかし、毎月1,000円程度で使えるスマホがあったら、どうでしょうか。特にスマホを欲しがっているお子様がいれば、料金は悩ましいところでしょう。最近話題の格安スマホ、どんなものなのか、から導入の手順まで、徹底解説します。…ちょっと長いですが、おつきあいくださいませ。

格安スマホ(MVNO)ってどんなもの?

格安スマホ(MVNO)とは、主にドコモの回線を利用して、格安料金でスマホが使えるサービスです。安いところだと、500円のワンコインから利用できますし、平均的にも1,000円くらいで利用できます。

例としては、OCNモバイルONE、DMMモバイルといった会社ですね。
毎月6,000円以上はかかりそうなドコモの回線を使っているのに、なぜこんなに安くできるのでしょうか。

格安スマホ(MVNO)はなぜ安い?

ドコモやauといった大手は、全国各地にドコモショップやauショップを用意して、手続きをやってくれたり、故障した時の手厚いサポートをしてくれます。

格安SIMを扱う会社は、実店舗を構えずにWEBだけなので、そういったサポートをほとんどしていません。サポート分の費用がかからないので、大手よりも安くできるのです。

格安スマホ(MVNO)の品質は?

ほとんどの格安スマホは、ドコモの回線を借りてサービスをしています。では、どれも同じ品質なのでしょうか?じつは、それぞれに品質が違います。

通信回線は、土管に例えられます。ドコモからそれぞれに土管を借りるのですが、加入者が多ければ多いほど一人当たりが使える土管は狭くなります。その分、通信が遅くなる可能性があります。

良心的な会社は、加入者が増えればドコモから借りる土管の量を増やして、快適な通信ができるようにしています。良心的な格安SIMの会社を選ぶのが、スマホ料金を快適に下げるコツです。

格安スマホを使ってはいけない人

スマホの料金が安くなるのは喜ばしいことですが、誰もが格安スマホを使ってハッピーになれるわけではありません。ここでは、ドコモやauを使い続けたほうがいいのはどんな人か解説していきます。

月に1回ドコモショップに質問に行く人

ドコモショップのサポートが必須!という人には、格安スマホは向いていません。基本的に、店舗でのサポートがない(その分安い)ので、わからないことは自分で調べて解決する必要があります。不安だから店員さんに聞きたい!という人は、ドコモを使い続けましょう。

スマホをよく壊すので、補償サービスが欲しい人

ドコモには、修理代金の優待や、ケータイ補償といったサービスがあります。格安スマホを使うと、基本的にはスマホ本体も自分で用意することになります。故障でドコモショップのお世話になった経験が何度もある人、ちょっと考え直しましょう。

通話をバリバリ、カケホーダイ必須な人

最後は、何時間も電話をかける!という人です。格安SIMとはいえ、通話料はドコモやauと同じくらいです。何千円もかけるなら、かえってカケホーダイのあるドコモのほうが安くなる可能性もあります。
LINE電話やskypeといったサービスを使いこなして、通話料金を抑える自信がある人向けですね。

格安スマホ、どう使う?通話をするのかしないのか

続いては、どういった種類の格安スマホを選ぶかです。大きく、通話をするかしないかで分かれます。

090-番号も使える格安SIM

多くの格安SIMの会社は、090-から始まる電話番号を持つことができます。番号そのままMNPも対応していますので、安心。通話量は20円/30秒が標準で、ドコモ等の大手キャリアと同じ料金ですね。待受け中心なら、MNPして格安SIMだけにするのが安くなります。

目安としては、データ通信と合わせて1,600円くらいが最安の相場になります。

データ通信だけだと本当に格安 

格安SIMは、電話番号をつけずにデータ通信だけをする…という使い方もできます。これは、格安SIM一本にするのはちょっと不安…という人におすすめ。まずはドコモのケータイも契約を維持したまま、お試しでデータ通信の格安SIMを購入して、何か月か使ってみます。そうすると、どれくらいの品質なのかをきちんと確かめることができます。

料金は毎月600~1,000円なので、気楽に試せますね。2年縛りなんてありません。

格安スマホを使う準備①:スマホ本体を用意しよう

さぁ、ここから本格的な準備に取り掛かります。通話ありかなしか、種類が決まったら、スマホ本体を買わないといけません。ドコモであれば、ドコモショップに行けばいつでもセットで買えますが、格安SIMはそうとも限りません。買い方は3種類あるので、好みに合わせて用意しましょう。

1.格安SIMとセットで買う

一番かんたんなのが、このやり方です。あとで紹介しますが、格安SIMの会社でもスマホ本体をセットで買うことができます。特に割高でもないので、いい選択肢だと思います。また、機種代の分割払いができるのもメリットですね。

2.SIMフリーのスマホを家電量販店で買う

今はビックカメラやヨドバシカメラにいけば、SIMフリーのスマホを販売しています。それを買っておけば、のちのち格安SIMの会社を変えたい!という時にも気軽に乗り換えられます。ただし、格安すぎるスマホはやめておいてください!中国製の、何世代も前の低スペックスマホが普通に売られていたりします。

オススメは、Zenfone2ですね。スペックが高くて日本のスマホより安いので、今後ながーく使えるはずです。amazonでも購入できます。

3.ドコモの白ロムを買う/今のスマホをそのまま使う

格安SIMは、たいていドコモの回線を借りているので、ドコモのスマホをそのまま使うことができます。 今まで利用しているスマホがまだ新しければ、そのまま使うこともできますし、白ロムという、スマホの本体だけを購入することもできます。最近だと、XperiaZ3compactはamazonで安く買えますね(2016年6月現在)

 

格安スマホを使う準備②:格安スマホの会社を選ぼう

さぁ、本番といっても過言ではありません。どこの会社を選べばいいのか?という問題。特徴によって使い方が分かれます。

どれくら使うかを考える

格安SIMの会社は、利用するデータ量によって金額が変わってきます。ちなみに、ドコモやauだと、もともとは7GBまでが定額でした。ドコモはカケホーダイ導入後、2GBが最小になっています。これは、過去の請求書をみて、どれくらい自分が利用しているかを確認しておきましょう。

格安SIM各社のデータ通信量と料金、特徴

おすすめの3社について、一部ですが料金を表にしておきます。DMMはもっと実際は細かくあります。また、各社ともに毎月あまったデータ量は繰り越せるので、半分しか使わなかったら翌月たくさんつかえて安心ですね。

 1GB3GB5GB110GB/日端末セット
OCNモバイルONE - 1,100円 1,450円 900円 ×
DMMモバイル 480円 850円 1,210円 -
OCNモバイルONEの特徴

OCNの名前で想像がつくかと思いますが、NTTグループの運営です。変なことをしないだろう、という圧倒的な安心感がありますね。安心感の分ではありますが、ちょっと他社より割高ではあります。ただ、毎日データの上限がリセットされる日額プランがあるのはほかにない魅力ですね。私もこれを利用しています。

DMMモバイルの特徴

DMMモバイルの武器は、圧倒的な安さです。1GBだと630円という破格のお値段。さらには、最安値宣言をしており、他社が値下げをしたら徹底対抗するという一時のソフトバンクのような立ち位置です。さらに、毎月の利用に10%ポイントが貯まってDMMのサービスに利用することができます。価格はベストチョイス。

格安スマホを使う:API設定は怖くない

ちょっと難しそうな単語が出てきました。大丈夫、怖くありません。書いてあることに沿って設定をするだけです。

APIってなんだ?

APIとは、スマホでインターネットをするために接続する先のことです。例えば、ドコモだとspモードというものを契約して、そこに自動でつながるようになっています。しかし、格安SIMの会社を使うのなら、つながる場所を自分で設定する必要があります。ただし、スマホ本体と、購入したSIMカードに沿って操作をすれば、難しいことはありません。

格安SIMの紙に沿って設定をする

まずは、スマホの設定画面を開きます。androidの場合だと、以下のような流れですね。

  1. 設定
  2. その他の設定(「無線とネットワーク」内)
  3. モバイルネットワーク
  4. アクセスポイント名
  5. 右上の+ボタン

その中で、格安SIM購入時に設定する項目を入力します。入力内容は、紙に書いてあるので項目だけここで記載しておきます。

  • 名前
  • APN
  • ユーザー名
  • パスワード
  • 認証タイプ

入力後、接続先を今回設定したものにチェックを入れれば完成です!つながらないようであれば、再起動も試してみましょう。

まとめ:正しく知って、毎月の料金を安くし続けよう

いかがでしょうか、これで格安SIMデビューの不安もなくなったのではないでしょうか??最初の一歩を踏み出すのは不安ですが、いちどやってみると「こんなに簡単だったのか!」と思います。毎月のことなので、同じようにスマホを使うなら安いほうがいいですよね。

最後に、おすすめの格安SIMのサイトをご紹介しておきます。ぜひ、快適な格安SIMデビューをしてくださいね!  

関連記事