目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

瞳でロック解除がgooのスマホからも登場!ARROWS販売停止中に伸ばせるか?

ドコモの2015年夏モデルで、セキュリティ重視の富士通から発売された、瞳をうつしてロック解除を行うARROWS NX。残念ながら、ハードウェアの不具合が発生して一時発売中止となっています。

その間をついて、gooから販売されているSIMフリースマホ、「g03」にも瞳でロック解除機能が搭載されることになりました!富士通ARROWSとの違いはどのようなものなのでしょうか。

目次

  1. gooのスマホg03(ぐーまるさん)とは?
  2. g03の瞳でロック解除
  3. 富士通ARROWS NXの虹彩認証システム

gooのスマホg03(ぐーまるさん)とは?

NTTレゾナント(goo)から発売されている、SIMフリーのスマホです。製造メーカーは、ZTEという中国の会社ですね。
NTTグループは、ドコモがあるにもかかわらずNTTコミュニケーションズもNTTレゾナントもモバイルに参入しており、なかなか節操がない感じになってきましたね。

g03の性能表

android5.0のOSも搭載していますし、オクタコアのCPU。国内メーカーのスマホよりは解像度やRAMで見劣りしますが、約3万円という価格を考えると悪くはない性能ですね。

 g03
OS android5.0
ディスプレイサイズ 5インチ
解像度 1,280×720
CPU オクタコア
RAM 2GB 

g03の瞳でロック解除

今回、g03はアップデートで瞳(虹彩)によるロック解除機能を追加します。
具体的な機能としては、androidスマホのロック画面の解除の際に、パスワードを入力したり指でパターンをなぞることの代わりに、画面(カメラ)を目でみるだけで解除する、というものが追加されました。

直接の関係はないですが、ドコモの2015年夏モデルはセキュリティ機能がひとつのテーマにもなっており、富士通のARROWS NXでもこの認証は搭載されています。しかし、実はまったく同じもの…というわけではありません。

富士通ARROWS NXの虹彩認証システム

富士通ARROWSは、g03の上を行くセキュリティ認証です。ロック解除はもちろんのこと、パスワードマネージャーもついているので、IDとパスワードを入力する手間が省けます。

虹彩認証でできること

ビジネスとプライベートの切り替え

ガラケーの時代から、富士通はセキュリティ特化の機種をたくさん発売してきました。その当時から搭載されていたのが、「プライバシーモード」と呼ばれるものです。
モードを切り替えることで、片方のモードでは表示したくんないもの(着信、メール、アプリ等)を表示させないという機能です。たとえば、仕事中にはプライベートの着信が来ないようにしておいたり、ゲームアプリを表示させない、とかですね。
この切り替えを、虹彩認証でカメラに目を向けるだけでできる、ということです。また、他の人に真似されないという面でも安心感があります。

パスワードマネージャー連携

もう一つが、パスワードマネージャーの連携です。スマホを利用していると、買物もそうですし、複数の会員サイトでIDとパスワードを入力する場合がありますね。
ARROWSのパスワードマネージャーなら、サイトごとのIDとパスワードを記憶、目を映すことで自動入力をしてくれます。これによって、サイトごとにIDパスワードを変えても、入力の手間をかけずにセキュリティを高く保つことができるようになります。

※出典:虹彩認証搭載:ARROWS NX(F-04G)の性能 | sp-labo

どうやらこれを見ている限りですと、まだ富士通ARROWS NXのほうに軍配が上がりそうですね。 意外だったのは、ソフトウェアアップデートでロック解除レベルなら機能追加できるということ。今後の他の機種も楽しみです。

ドコモ機種の関連記事もどうぞ