目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

おサイフ搭載SIMフリー、XperiaJ1compactの落とし穴:モバイルSuicaに非対応

SIMフリースマホがたくさん発売されている中でも、国産人気メーカーの人気スマホはなかなか目にしないもの。
VaioPhoneの騒ぎとほぼ同時期に発表されたのが、SONYのXperiaJ1compactです。
SIMフリーかつおサイフケータイ対応、ということで個人的には大注目をしていました。しかし、実際はちょっと残念な仕上がりに…。

モバイルSuica非対応のXperiaJ1compact

おサイフケータイとはいえ、頻繁に利用する(特に首都圏の人は)であろうモバイルSuicaに非対応なのですよね…。これが一番残念なところ。
確かに、おサイフケータイはあくまでもチップの機能です。そのため、個別のサービス対応については、サービス事業者が各スマホに対応させていく必要があるのです。

ガラスマ発売時を思い出すおサイフケータイ

調べていて、ふと国内メーカーのスマホにおサイフケータイが付き始めたころを思い出しました。
iPhoneはソフトバンクが独占販売をしており、ドコモはXperiaでなんとか応戦。国内メーカーがなかなか出せない中、SHARPと東芝がおサイフケータイ搭載のスマホを発売しました。いまは懐かしい、LYNXとREGZAですね(両方とも名前は消えてしまいました…)。

この2機種についても、モバイルSuicaが対応するのはかなり遅れていたかと思います。同じことが、今のSIMフリーXperiaにも起きているのですね。

XperiaJ1compactが対応するおサイフケータイ機能

 8/14現在で対応している機能をメモしておきます。nanacoとEdyが使えるのが救いでしょうか…にしても、モバイルSuicaの汎用性がすごいんですよね。全コンビニで共通して利用できますし。

  • nanaco
  • ローソンモバイルPonta
  • WAON
  • 楽天Edy
  • QUICPay
  • モバイルスターバックスカード
  • mobile menbers
  • 東京ドーム TDモバイル2
  • ticket board

XperiaJ1compactに6万円を払えるか

XperiaJ1compactのポイントになるのは、SIMフリーとはいえ価格ですね。実売価格が約6万円ですし、SIMとのセット販売ですし…

おサイフケータイが魅力でしたが、モバイルSuicaが使えないとなると、ちょっと苦しい戦いになりそうです。

この価格帯なら、Zenfone2を買ってしまうかな…おサイフはあきらめて…という感覚ですね。モバイルSuica対応がスムーズに進んで、後継機が出てきたら買いになる…かもしれません。

機種変更前にこちらの記事もどうぞ