目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

ドコモのスマホよりSIMフリーが面白い理由

昔からケータイ・スマホが大好きで、新モデルが出るたびにチェックを欠かさないのですが…最近はドコモやauから発表されるのが、あまり楽しみになれなくなってきました。理由は2つです。

  • ドコモ等のスマホの価格がインフレして10万円近い値段になった
  • 月々サポートによって2年間は機種変更できない

しかし、SIMフリースマホであれば同等かそれ以上の性能のものが半額以下で買えたり、2年縛りもありません。買えないキャリアのスマホをショーウィンドーで眺めるより、手の届くSIMフリースマホをおもちゃにしたい…という人情です。

ドコモのスマホ価格インフレ中

昔は、ケータイを買う時には新規で0円、機種変更で1~2万円という時代がありました。
そこから、総務省の方針で料金の是正…ということで、基本料金の値下げと同時にケータイの料金が5万円くらいになる時期がありましたね。
※ドコモでいえば、バリューコースという買い方が出てきたころです。

当時の5万円でもなんだかなぁ…と思いましたが、今はさらに状況が変わりました。

スマホのデビューと月々サポート

スマホはガラケーよりも料金が高かったです。そのためドコモ等各社が導入したのが月々サポート。これにより、5万円前後のスマホの値段を割り引くので、ガラケー買うよりお得だよ…という風潮を作りました。

その後、スマホはスマホの中でも5万円から9万ウン千円に値段があがり、割引が減っていくのです。

この値段設定が適切かどうかは、同じiPhone5に1万円以上他社より高い値付けをしたドコモの姿勢からもわかりますよね。

SIMフリースマホの面白さ

値上げ値上げで閉塞感があるところに出てきたのが、高性能のSIMフリースマホです。
昔は海外スマホをSIMフリーで購入すると…中国製の格安スマホで、見事に安かろう悪かろうを体現したようなスマホばかりでした。

しかし、今は状況が違います。Zenfoneが好例ですが、超高性能中価格(Zenfone2)や、中性能低価格(Zenfone2laser)といった機種が登場しています。

また、日本未発売の機種もあったり(シャオミ、One+2など)、なんだか自由がその先にあるような感覚を覚えます。

SIMフリーはマニアック?

昔はそうでした。気軽に量販店では買えずに、個人輸入をしたりとか、設定が難しかったりとか。
今は、日本で公式に(技適も通って)販売されているスマホも多く、amazonで購入することもできます。まだ欲しくても買えない機種もありますが(シャオミとか…)だいぶ楽になりました。

機種だけ購入?セットで購入?

機種だけ購入して、格安SIMを入れることもできます。NTTグループで安心勝900円から使えるOCN モバイル ONEなんかが典型ですね。

今までのキャリアと同様に、スマホもセットで買いたいなら、DMM mobile でZenfoneシリーズセット販売していますね。これが一番厄介はないかも。

関連記事