読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

iPhone6S(仮)をオトクに買うには?ドコモで買う注意点と対策を事前に考える

そろそろ、毎年秋口の恒例の話題、新型iPhoneが気になってくる時期ですね。今年の発表は、9/9と噂されています。そこから発売まで1週間から10日でしょうか。
2年たったたから買い替えようという人も、毎年すぐに買い替えるぜ!という人も。今年は特に気を付けなければいけないポイントがあります。

iPhone6S(仮)をオトクに買うには

iPhone5Sから、ドコモ/au/ソフトバンクの3社ともにiPhoneを取り扱うようになりました。おそらく次の新型iPhone6Sも、3社から発売されるのはほぼ確実でしょう。どのような買い方がオトクになるかまとめておきます。

iPhoneは機種変更とMNPどっちがオトク?

一般に、スマホを購入するときはMNPがオトク…といわれがちです。実際に、年度末の商戦期なんかには、MNPなら一括0円とキャッシュバック…とかが起こるので当然ですよね。しかし、iPhoneに関してはこれが成り立たないです。

前回の発売時にもそうでしたが、各社iPhoneの取り扱いには必死です。特にドコモも取扱いを始めてからは、新型iPhoneの発売時に他社に流出しないように必死になります。そこで取られるのが、各社の下取り施策です。

iPhoneの下取りとは

ドコモもauもソフトバンクも、iPhone には大盤振る舞い。
実際にあった特典としてはこんなところ。

  • 手持ちのiPhoneを下取りして、次のiPhoneが安く買える
  • 12か月以上の分割支払いの残りがあっても、それが免除される

一括0円になるのを待たずに、すぐ購入するのであれば、買わない方が損!と思えるくらいの豪華特典です。これがあるので、実はMNPするよりも機種変更する方が安くなる!という場合さえあります。

iPhoneをドコモで買う場合の注意点

じゃぁ、むずかしいことを考えずに機種変更でいいのか?と考えると、ドコモについては特に注意点があります。

機種変更でもカケホーダイが必須なドコモ

ドコモが去年発表した新料金プラン、カケホーダイ&パケあえる。実は、機種変更でもこれに加入することが必須になります。
ほとんど通話しない人にとっては大幅な値上げになりえます。
データ通信を最安のものにするとほとんど料金が変わらないように見えますが、今まで7GB利用できていたデータ量が2GBにガクッと減りますので…要注意です。

au/ソフトバンクも必須になりうるカケホーダイ

では、auやソフトバンクはどうなるでしょう?仕組み上は、auやソフトバンクはカケホーダイじゃない通常のプランを選ぶことができます。
しかし、注意をしておきたいのが、ここは競争上の条件で変わってくるポイントだということ。
たとえば、上記のような下取りサービスや、分割支払金の免除の条件としてカケホーダイプランに加入することが必須になる…というのは可能性として大いにあり得ることですね。
また、iPhoneを買いに行ったときにそちらのプランをすすめられることも当然のように起こるでしょう。

SIMフリーのiPhoneも買える

あとは、別のやり方としてSIMフリーのiPhoneをapplestoreで購入することも、今まで通りなら可能です。下取りなどのサービスは期待できませんが、毎月の維持費(基本料金)が変わってくることを考えると、かえってSIMフリーを買っておいてもいいのではないかな、と思います。

今年のiPhoneも楽しみです。各社の料金プラン・スマホの割引も難しいですが、きちんと理解してオトクに買いたいものですね。

機種変更前にこちらの記事もどうぞ