目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

auWALLETマーケットがよくわからない…LUXAのリアル店舗?

au夏の発表会で、なが~い時間をかけて説明がなされたショッピングサービス、auWALLETマーケット。
発表会から2か月ほどたちますが、ついにサービスイン!しました。
発表会で見ていた時には、情報も少なくドコモの後追いで何をやるのか…と疑問でしたが…いまだにハテナが消えません。

auWALLETマーケットとは?

マーケット、と名前がつくだけあって、お買い物ができるサービスです。
(auWALLETはauの出しているプリペイドカードですね)

ドコモのdショッピングと違う点は、2つ。

  • auショップ(実店舗)で購入できる
  • au子会社のLUXAが扱う、ラグジュアリーなものを購入できる

つまり、ただのスマホを使ったネット通販ではなく、auショップにケータイの手続きをしにいったら、米を買うことができるよ!という仕組みですね。

amazon、楽天とauWALLETマーケットの違い

豪華なものが買える、ということと、実店舗をもっている強み…でしょうか。
auショップのスタッフの方は大変ですね…全然関係ないものをこれから販促しなければいけない、という。

キャリアの上層部の方々は、やっぱり活用したいと考えるのでしょうね。土地代、テナント代かかっているのですから、少しでも多く回収したいなーなんて。
実際は新しいスマホがどんどん出て、本業たるサービスがある中でケータイキャリア以外のところが出したサービスをきちんと追いかけるのにも必死であるだろうになぁ…と同情を禁じえません。
auだとビデオパスがありますが、動画サービスNETFLIXがソフトバンクと組んで上陸するわけですし。音楽サービスでappleMusicやAWAも元気ですよね。

auWALLETマーケットの明かされた中身

8/26から一部店舗(4か所)でサービスが開始されました。
一部、というのは直営店ですね。新宿、名古屋、大阪、福岡の4か所です。
どちらかというと、普段の手続きをする場所というよりは、旗艦店として新しいサービスやなんかを体験する場所なので、戦略上の重要拠点ということでしょう。

今後のauショップへの展開

かなり急発進するなぁ、と思ったのは、2015年中にauショップ全店舗でサービス開始する、ということ。
なかなか、街のauショップに修理手続きに行ったら野菜や米をすすめられる、という未来は面白いものですよね。(ドコモのらでぃっしゅぼーや提携の時にも思いましたが…)
旗艦店4店舗は、トライアルどころではなく急発進の拠点になるようです。

auWALLETマーケットで買えるもの

グルメ系だと、ふだんよりちょっといい商品。
珍しいものだと、レストランの割引コースなんかもあります。
厳しい言い方をすると、敢えてauで買う意味がみつからないものばかりです。

最初に高級品を集める、と聞いたときには、地方で買えないものがあるしいいかも!と思ったのですが…実際には地方だと購入できるものが限られるようで(auのサイトから地域を選べる)、ネット時代に逆行するようなauの方針には首をかしげざるを得ません。

ドコモのdショッピングは無難に便利

先行したドコモのdショッピングはどうでしょう?
実は、これといった差別化がありません。色が赤いのも相まって、スマホ専用の楽天?と思わせるような印象もあります。

日用品を扱っているので、楽天やamazonで十分。
しかし、dショッピングを使う理由が、ドコモユーザーにはあります。
それは、住所情報を最初に入力しなくていいことと、ドコモポイントをほぼ現金化できるということです。
ドコモポイントは有効期限もありますし、そうしょっちゅうスマホを買い替えるわけにもいきません。
ぜったいに利用する日用品を、こまめにポイント使って購入するってかなり便利なんですよね…個人的にはミネラルウォーター(クリスタルガイザー)は、安いし外で買うと重いし、という理由で重宝しています。

関連記事