目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

ドコモの通信制限に泣かされる月末

8月も涼しくなり、最終日ですね。
毎月の月末には、少しつらいところがあります。
それは、スマホの通信制限。月半ばで利用データ量は確かめるのですが、月末はきれいに余裕がなくなります。今月もドコモの通信制限にひっかかってしまいました…

ドコモの通信制限とは

パケホーダイ…「ホーダイ」とは名前だけで、きちんと制限がついています。
私の場合は、約1年半前に契約したドコモのiPhone5Sなので、月間7GBのプランですね。
7GBまではLTEの高速通信が利用できるのですが、このデータ量を超えてしまうと、一気に128kbpsまで速度制限がかかる…という仕打ちです。
速度制限を解除しようとすれば、2,500円を支払って追加の2GBをチャージしなければいけません。

くりこしはカケホーダイ&パケあえるのみ

格安SIMでもやっている、データ通信料の翌月へのくりこし。
ドコモ等の大手キャリアでは、実施していないのでしょうか?

答えは半々です。
ドコモは、新料金プラン…カケホーダイ&パケあえるであれば、データ量を繰り越すことができます。(値上げしているので当然のサービスといえばそうですが)

旧プラン、すなわち7GBまで利用できるプランだと、今月1GBしか使わなくても来月に繰り越すことはできません。
新料金プランの魅力を出すために、旧プランには追加の処置が施されることはもうないのでしょう、ね。

128kbps制限の苦しさ

128kbps制限は、どの程度苦しいのでしょう。
LINEでテキストのやりとりや、スタンプを送るのには問題ありません。
twitterも、テキストを見る分には問題ありません。

…twitterでは、画像がなかなか読み込まれないです。さらに、誰かが面白そうな記事をツイートしていて、そこからリンク先に行こうとすると…読み込みの遅さに、128kbps制限がかかっているということを実感することができます。

Facebookも画像投稿や記事のシェアが多いので、同様の苦しみがありますね。。
改めて、各種サービスのデータ量が飛躍的に増えていることをここで実感することができます。

OCNモバイルONEの活躍

結局、月末になると2台目として利用しているandroid機(XperiaZ3)が大活躍することになりますね。
こちらは、OCNモバイルONEで月額900円、110MB/日の日額プランを利用しているのですが、快適に利用できます。翌日まで繰り越しもできますからね、毎日少しは高速通信…という感じです。

ちなみに、格安SIMはお昼の混雑時間帯は遅くなる、という声もありますし、実際すこし遅くなります。
ですが、128kbpsの制限がかかったiPhoneに比べると、格段に速いスピードで利用ができたことを改めてご報告しておきます。 

旧料金の方は、2台目にOCN モバイル ONEを用意しておくと、月末の外出で地図が読み込めずに焦ることもなく、いいのではないかと思います。 

関連記事