読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

ソフトバンクの通信制限緩和と料金ビジネス戦略

苦しい制限がかかっていたソフトバンク、ドコモやKDDIに続いて通信制限を緩和してきました。
今回の制限緩和により、3日間という短期で3GB以上の通信をしたものが制限の対象になります。
緩和の意味と、ドコモやKDDIとのスタンスの違いについて考えてみます。

ソフトバンクの3日で3GB制限とは

スマホの通信制限でぱっと思いつくのは、1か月間で7GB制限…といった月間のリミットでしょう。
実際には、短期間で集中的に使った人に対する、ペナルティ的な意味合いでの速度制限があります。

もともとは3日で1GB制限

LTEの高速通信を使える料金プラン(スマホに4Gと表示される)であれば、3日間で1GB以上使っていると、高速通信が使えなくなる速度制限がかかっていました。

何がペナルティかというと、一気にたくさん使われてしまうと、その分他のユーザーが使える速度が減ったり、設備投資を追加しなければいけないので、バランスがとれるように…という意味合いです。

月間7GBという制限に加え、動画をたくさん見てたらなんだか遅いな…というのはここに理由があります。

3日で3GBに緩和

ソフトバンクは、ドコモやauにつづき、ようやくこの速度制限を緩和し始めました。
緩和の内容は、3日で1GBから3日で3GBへ。

まぁ、全体の月間7GBという制限を考慮すると、非常に自然な数字、とも言えますね。
ちなみに、月間7GBのような制限のない3G時代のプラン(文字通り月間使い放題)だと、条件が別なので個別に連絡、といいます。
…これは3日で1GBのまま、もしくは3日で1.2GBとか細かく刻んでいくのでしょうね…

ドコモやKDDIの制限内容(ドコモは無制限)

この制限緩和については、ドコモやau(KDDI)のほうが先に実施しています。
最初に緩和をしたのはドコモ、ついでKDDIです。

ドコモの無制限と注釈

ぱっと見は一番いいように見えるドコモ。
カケホーダイ&パケあえるの新料金プランであれば、制限なしで利用することができます。

とはいえ、落とし穴は、「パケあえる」だと従量課金のプランである、ということ。
つまり、ドコモの意図としては、たくさん使ってもらえれば使ってもらえるほど売り上げが上がるので、どんどん使ってほしい…というところが見えてきます。

月間7GBのプランについては、同様の制限があります。

auは3日で3GB

auはソフトバンクと同じ水準、3日で3GBですね。
(正確には、ソフトバンクがauの水準に合わせてきた)
ここでも、月間7GBという水準が頭をちらつきます。

ドコモ・au・ソフトバンクの戦略的意味合い

完全撤廃したドコモと、3日で3GBの制限を残したソフトバンク。
ビジネス上の意図はどこにあるのでしょうか?

一言でいうと、料金プランの違いです。
カケホーダイ&パケあえる以外のプランをなくしたドコモに対して、既存のプランを残しているauとソフトバンク。
これが料金戦略上の差を生み出します。

ドコモの意図

ドコモの意図は、上述の通り売り上げの増加です。
今までは、通話が従量制でデータ通信が定額でした。
それを、通話の時間が減ってきて、データ通信の量が増えてきたので逆にして、利益を上げようとしています。
通話が少ないのにカケホーダイ。
データ通信が増えてきたから従量制で使った分だけ。
そうすると、ドコモとしてはデータ通信料はどんどん増やしていきたい…となりますね。

au/ソフトバンクの意図

かたや、既存のプランを残している2社は、ドコモと同じ戦略は取りません。
まだ舵を切れていない…というところでしょうか。
実際には、カケホーダイを嫌ったドコモユーザーがMNPをしてくる可能性があるので、カケホーダイ以外のプランを残さざるをえない。
そうすると、データ通信の設備投資を考慮して、制限を残す必要がある…というところですね。

auとソフトバンクの今後

とはいえ、auとソフトバンクも、いずれ従量制の料金プランに移行していくかと思われます。
タイミングは、ドコモからのMNP量次第、といったところでしょうか…

そうすると、データ通信の利用量を増やしたいというところはドコモと同様の戦略的位置づけになってくるかと思われますので、新料金プランはデータ制限を撤廃する、というのが自然な流れになるのではないでしょうか。

データ通信の値上げは避けられない道

制限の緩和、撤廃というと、一見ユーザーが有利になるようにも見えます。
しかし、ドコモの意図しているところは、結局のところ売り上げ向上、値上げですね。
便利になる反面、その分の料金負担が変わってきている、ということは覚えておいて損はなし、だと思います。

料金プランについてこちらの記事もどうぞ