目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

新型iPhoneは日本時間9/10深夜2時(9/9の26時…):ドコモやソフトバンク関係者の眠れぬ夜

9/9ですね。
siriに尋ねたら、何かがあると教えてくれるその日、9/9です。appleの、おそらく新商品発表日。おそらくばかりですが、新型iPhoneの発売日でしょう。
ドコモ等のキャリア関係者は、急ぎの対応で眠れない夜を過ごすのではないでしょうか。

"Hey siri, give us a hint"というヒント

appleの発表会には、事前に報道関係者に招待状が配られます。
今回の招待状に記載されていたのが、"Hey siri, give us a hint"という文言。
実際に、この言葉をSiriに投げかけると、9/9に何かがある…ということだけヒントがもらえます。
日本語でも、「ヒントちょうだい」といえば、同様の内容を日本語で教えてくれます。

過去のapple発表会招待状

appleの招待状には、その年に発表するもののテーマが仕込まれています。
とても分かりやすかったのは、カラフルな招待状を送られてきた2013年。
そう、カラバリ豊富なiPhone5cが発表された年ですね。
あとは暗号のような年もたくさんあるのですが…

今回は素直に読んだら、Siriに関する機能アップデートがなにか発表されるのではないでしょうか。

SiriとappleWatchの親和性

applewatchも発売から約半年。
なかなか使いこなすのも難しいのでは。
どうしても手がふさがるのは不便ですよね…左腕につけたら左手の操作ができなくなるので、両手がふさがってしまいます。

もう少し、音声エージェント機能が充実したらapplewatchが使いやすくなるのでは?と思っていたので、そこについては期待大です。

法人向けiPadProの噂?

まったくSiriとは別枠に見えますが、法人利用を想定したiPadProの噂もありますね。
iPadよりも大画面で、いろいろな作業やデジタルサイネージにも使えそうなモデルです。

これは、個人の持ち歩き利用を想定せずに、法人でテレビディスプレイ+インターネットにつながる…という利用がメインではないでしょうか。

そこで、音声エージェントです。
日本でも、大型の百貨店に足を運ぶと、入り口に大きな案内板と、最近だとタッチパネルでフロアを探せるものがありますよね。
これをiPadProが代替できないか?
これまた百貨店にたまにある、受付に人が待っているインフォメーションカウンターです。
人に話しかける感覚で、Siriに話しかけることでフロア案内をしてもらえたら…
意外と噂のiPadProとSiriの組み合わせも、ありそうに思えませんか?

ドコモやソフトバンク社員は準備に追われると推測

一般的にみていたら、こういう推測をしてワクワクしていればいいのですが、大変なのが日本のドコモ等のキャリアの社員さんでしょうね…
appleは事前の情報開示がないことでも有名(最近リークも増えてきましたが)なので、ただの販売会社としてはなかなか情報ももらえないのではないでしょうか。

とはいえ、翌朝には問い合わせが殺到することも目に見えているので、夜中に突貫で問い合わせ対応だったり販売の準備、価格策定…とかに追われるんでしょうね。

眠れぬ夜の夜明けが楽しみです。
機種変更もいいですが、特にドコモの場合は注意事項もあるので機種変更の仕組みもぜひご確認を。

機種変更前にこちらの記事もどうぞ