読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

ソフトバンクもスマ放題ライトでひっそり値上げへの一歩

auのスーパーカケホ1,700円に、24時間以内の対抗を打ち出してきたのがソフトバンクです。
1,700円でほぼ同内容ですが、きちんと値上げになるような設計をしてあります。
ドコモを仕留めにかかったauに追従するのは、ソフトバンクにとっても渡りに船といったところ。

ソフトバンクのスマ放題ライトの内容

基本的な内容はauと同様です。

1,700円でカケホーダイ、という名目ですが、完全定額ではありません。

  • 5分以内の通話が無料
  • それ以降は20円/30秒

ここまで聞くとなるほどな、というところですが、従来のホワイトプラン(980円)との大きな違いがあります。
ホワイトプランでは、1~21時はソフトバンク同士の通話が無料でした。
しかし、この1,700円のスマ放題ライトでは、5分以上になるとソフトバンク同士でも有料になります。

いままでは、仲のいい友達同士でソフトバンクなら、通話料を気にせず日中話ができましたが、今後はその無料通話が消えるのですね…値上げの一要素です。

ソフトバンクのシェア拡大と圧迫した無料通話

auのスーパーカケホ、本当に渡りに船でしょうね。
シェアが低かったからこそ、ソフトバンク同士の通話を無料にしても対象が少なくて元がとれた。
しかも、それきっかけでソフトバンクユーザーが増えたら、毎月の基本料金が増えてハッピーです。
当時は「ただとも」というプロモーションと、友人と一緒に購入したら割引、そしてiPhone…という布陣でガンガン数を伸ばしていたかと思います。

それも、ある程度シェアも増えてきて、無料通話が負担になってきたでしょうから…
しかも、今までより高い料金プランなのに、ドコモに対して安く見せられるというのは非常にメリットのある話。

auのスーパーカケホとの違い

さらに、ソフトバンクは値上げの構図を用意しています。
それは、データプランの料金。

auのスーパーカケホで、auの増収になる理由の一つが、データ通信が従量制になること。
データ通信量はAWAなどの定額ストリーミングサービス、Netflixなどの定額ビデオサービスで増えていく流れである一方なので、従量制には早く切り替えてほしいはず。

ソフトバンクはスマ放題ライトで見事に従量制に切り替えられます。
さらなる値上げとは、その従量制のスタートプラン。
auは3GBからスタートできますが、ソフトバンクは5GBから。
ここでも、auよりは高い水準でスタートを切るわけです…

ドコモ対au/SBの構図が完成

実は、auが導入したスーパーカケホにより、3社の横並び状態は崩れました。
これから、どこが安いのかはもっと分からなくなっていくかと思います。

※正確にいうと、ドコモがカケホーダイを導入し、ドコモだけが旧プランを受付停止にしたところからこの道はスタートしていますが。

スーパーカケホについての記事でも細かく書きましたが、今回のプランはauとソフトバンクは増収、ドコモは減収という完全に狙い撃ちのプランです。
iPhoneとカケホーダイ&パケあえるという強力な武器を手に入れた…と思っていたドコモが、足元をすくわれた形。

おそらく、週明け以降もしばらくはスーパーカケホの対抗プランは出てこないと考えられます。
それは、ソフトバンクとの会社的なスピード感の違いではなく、ドコモだけが苦境に立たされている、ということがあるのだと読み取れるでしょう。 

ソフトバンクの1GB4,900円プランと、総務省の弊害

ドコモがカケホーダイライトプラン導入:月額7,000円から  

スーパーカケホやドコモの料金の関連記事もどうぞ