読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

ドコモがカケホーダイライトプラン導入:月額7,000円から

そのまま導入したら、減収で地獄…と思っていたauのスーパーカケホに合わせて、ドコモも1,700円のカケホーダイライトプランを導入してきました。

しかし、ドコモもよく考えたもので、きちんと値上げになるプランに設定しています。
内容をちょっと解説してみます。

ドコモのカケホーダイライトプランとは

通常のカケホーダイは、2,700円で完全定額。
カケホーダイライトプランは、1,700円で5分以内の通話が無料です。

ここまでをみると、auのスーパーカケホと全く同じようにも思えます。
値下げかな?と思うでしょう。

ところが、実際はそうではありません。
スマホ料金を安く押さえようとすると、不思議なことが起こります。

  • カケホーダイ:6,500円/月~
  • カケホーダイライト:7,000円/月~

なんと、まったく通話をしなくても、ライトにしたほうが高くなりうるのです。

ドコモのカケホーダイライトは5GBから

このカラクリは、スマホ料金の基本構成を見ておく必要があります。
主に、3つを考えます。

  1. 音声通話
  2. データ通信
  3. ISP(spモード)

今回、カケホーダイライトで安くなったのは、①の音声通話です。
ここが、2,700円から1,700円になりました。

気を付けるべき落とし穴は、②のデータ通信。
これは、以下のように利用するデータ量によって金額が変わるようになっています。

  • 2GB:3,500円
  • 5GB:5,000円
  • 8GB:6,700円

自由に組み合わせられればいいのですが、今回のカケホーダイライトでは、2GBのプランが選べないという仕組みになっています。
…かなりふざけたプランですね。
片方は1,000円下げるけど、もう片方は1,500円上げるからね~ということ。

実質的に、値下げをする気はないということです。

ドコモの値上げを受け入れるか

結局、ドコモの偉い人たちの判断としては、数千億の利益を出していても、これ以上値下げするわけにはいかないので、スマホ料金はトータルで下げない、という判断ですね。

結局ソフトバンクも、もう価格競争は仕掛けてこないでしょうから、ある意味で高止まりさせるのも合理的といえます。

 しかし、昔と違うのは、選択肢としての格安スマホ…MVNOがあります。

 ドコモauDMMモバイル
音声 1,700円 1,700円 650円
(20円/30秒)
データ通信 5,000円
(5GB)
4,200円
(3GB)
850円
(3GB)
ISP 300円 300円 0円
合計 7,000円 6,200円 1,500円

結局、実際に消費者が離れていかないと気づかないのですから、声をあげるというか行動で示さないといけないわけですね。
実際にどのくらい安くなるか、どうすればいいのかを以下の記事にまとめておりますので、ぜひ態度を示していきましょう。 

 

機種変更前にこちらの記事もどうぞ