読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

敢えて無印のiPhone6を安く買うスタンス

iPhone6Sが発表されて、どこのキャリアで買えば安い?はたまたSIMフリー?という話題も盛り上がっています。
ですが、今までのケータイ・スマホの買い方を考えると、型落ちでもいいから安くほしいよ…という例もあって然るべきですよね。
無印のiPhone6を安く運用する方法です。

ドコモ/au/ソフトバンクの投げ売りを待つ

実質0円ではありません、一括0円で毎月のサポートがつく、というものを探します。
うまく一括0円で買えた場合は、毎月3~4,000円の料金で抑えることができるようになります。

注意点①:実質0円にだまされない

実質0円と一括0円は大きく違います。
よく表記されているのは、実質0円のケース。

この場合だと、「通信料金+機種代」から「機種代」の分がひかれるので、通信料金がまるまる残ります。

※イメージとしては、6,500円+3,000円-3,000円=6,500円

一括0円の場合は、機種代がゼロに加えて割引が付きます。

※イメージとしては、6,500円-3,000円=3,500円

探す場合は、この「一括0円」を探しましょう。

注意点②:不要なオプションサービスを付ける必要もある

では、一括0円を探すにはどうしたらいいでしょうか?

基本的には、少し古くなってきた機種が対象ですね。
なので、1年前の端末であるiPhone6がねらい目となります。

ただし、いろいろなサービスに加入してもらうことが条件…という店がほとんどです。

ドコモであれば、dTVにdマガジン、dアニメ、dヒッツなど…
auなら、ビデオパス、うたパス、スマートパスなど。
ソフトバンクは、最近提携したNETFLIXあたりが入るのではないでしょうか。

これを10件近くといった条件もあるので、使わないものは解約しないと毎月3,000円くらいが追加になっている…というケースも出てくるので注意しましょう。

注意点③:MNPが前提

最後の注意として、機種変更で一括0円のところはまずありません。
MNPでキャリアを変える(ドコモ⇒au、au⇒ソフトバンク…)が前提になります。
なので、ちょうど2年の更新月のタイミングでない限りは、約10,000円の解約金と、3,000円のMNP手数料、3,000円の契約手数料で約16,000円がかかりますね。

これも考えたうえで、採算が取れるかは計算しましょう。

参考:2年縛りには2つの意味がある:ケータイ解約金を正しく理解する

iPhone6を一括0円で購入した場合の2年間維持費

ドコモの場合、月々サポートが約2,500円です。

毎月の料金の最低金額(カケホーダイ+データ通信2GB)が6,500円なので、ここから計算しましょう。

月々の維持費:4,000円×24か月=96,000円

諸費用:16,000円+α(オプションサービス)

合計:約11万円

appleストアでSIMフリーを買ってみる?

iPhone6のSIMフリーを購入するという手もあります。
これは、後述するMVNO(格安SIM)と組み合わせて安く使う前提ですね。

applestoreで確認すると、iPhone6の16GBモデルは、税抜きで74,800円。
税込みだと約8万円ですね。

iPhone6をSIMフリーで購入した場合の2年間維持費

MVNOで、通話とデータ3GBをつけたなら、大体毎月の維持費は1,600円です。

月々の維持費:1,600円×24か月=38,400円

機種代:80,000円

諸費用:3,000円(MVNOの契約手数料)

合計:約12万円

…さっきより少し高くなりました。
場合によってはオプションサービスで吸収される金額です。

amazonで白ロムとMVNO

意外といいのが、amazonで買えるドコモの白ロム。

iPhone5SよりもiPhone6のほうがいまは不思議と値下がりしています(2015/9/16現在)。

iPhone6をamazon白ロムで購入した場合の2年間維持費

月々の維持費:1,600円×24か月=38,400円

機種代:54,000円

諸費用:3,000円(MVNOの契約手数料)

合計:約9.5万円

桁がひとつ下がって、だいぶ購入しやすくなりました。

参考:一括0円がなかった場合

上記で、すんなりiPhone6の一括0円が見つかった前提で書きました。
しかし、実際は定価の場合も多々あります。
現在は実質0円もなく、機種変更の場合は実質1万円程度。

月々の維持費:6,500円×24か月=156,000円

諸費用:12,000円(機種代、機種変更手数料)

合計:約17万円

こうして考えると、amazonで買ってMVNOのほうが、半額程度で運用できるようになりますね…。

amazonとMVNO

amazonのiPhone、今なら約5万円なんですね…おもしろい。 

MVNOならドコモと同じNTTグループが運営するOCN モバイル ONE、最安値宣言で使い勝手も言いDMM mobile と、魅力的なサービスです。

 

iPhone関連記事もどうぞ