目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

ハイスペックのNEXUS6Pはソフトバンク独占

ドコモの発表会で、数年ぶりにNEXUSシリーズ…NEXUS5Xの発売が言及されました。
それだけでも、今まではワイモバイルの独占状態だったキャリアの取り扱いが変わったことがわかりますが、また変化もあります。
それは、今回のNEXUSは、同時に2機種発売だ、ということ。
実は、ドコモからハイスペックのNEXUSは発売されないのです。

NEXUS5XとNEXUS6Pの同時発表

googleから発表となったのは、サイズ違いにも見える2機種。
しかし、その実態として、中身が全くの別物になっています。

製造メーカーはLGとHUAWEI

第一の違いは、製造メーカー。
かつてのNEXUS5も韓国LG電子製でした。
それを引き継ぐNEXUS5XもLG電子というのは、非常に自然な流れ。

それでは、NEXUS6の流れをくむ、NEXUS6Pはモトローラでしょうか?
今回は、モトローラではなく中国HUAWEI製となっています。
HUAWEI製となるのは初めてではありますが、最近はハイスペック機、SIMフリー期も増えているので、HUAWEI社のグローバル戦略が機能していると言えるでしょう。。

サイズではない、性能差があるNEXUS2機種

サイズ違いといえば、iPhone6Sと6S+を思い浮かべます。
しかし、今回のNEXUSシリーズの違いは、サイズではありません。
というか、むしろディスプレイサイズは0.5インチしか変わらないのであまり変化なし…という。

かなり大きくスペックが違ってきます。
まずは、CPUのヘキサコアとオクタコア。
RAMも2GBと3GBなので、ミッドレンジとハイエンドという差がありますね。。

 NEXUS5XNEXUS6P
OS android6.0 android6.0
ディスプレイサイズ 5.2インチ 5.7インチ
解像度 1,920×1,080 2,560×1,440
CPU 1.8GHzヘキサコア 1,9GHzオクタコア
RAM 2GB 3GB
価格 2,700mAh 3,450mAh
重さ 136g 178g

ドコモからはミッドレンジのNEXUS5X

大々的に?発表はされましたが、結局ドコモから購入できるのはNEXUS5Xのみ。
Xperiaは最高モデルのPremiumも独占発売しますが、NEXUSはミッドレンジだけしか取扱いできなかったという…ちょっと残念な感じですね。

それでは国内販売はgooglePLAY(直販)だけなのか?というと、そうでもないのが面白いところ。

NEXUS6Pはソフトバンクの独占販売

唯一扱うのは、ワイモバイルでもなくソフトバンク。
ある意味、ソフトバンクは初のNEXUS取り扱いとなります。

そして、NEXUS5Xはワイモバイルでの取り扱いになりますので、グループできちんと網羅している事になります。

NEXUSを扱い始めるソフトバンクグループ戦略

かつては、iPhoneの独占販売でシェアを伸ばしたソフトバンク。
今や、3社ともにiPhoneを扱い始め、かつてほどの勢いはありません。
次に見出した活路がNEXUSシリーズ、ということなのでしょうか。

今回はスマホの数も減っており、ある意味ソフトバンクの迷走のようにも見えますが…なんだか競争がないと、国内のスマホ市場が元気が出ないこともありますので、もうちょっと期待をしたいものです。

参考:NEXUS6PとNEXUS5Xを比較する | sp-labo