目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

時期VaioPhoneはWindows10Mobile:「初」のスマホ事業

マイクロソフト主催のイベントで、Windows10Mobileの開発についてメーカーが言及されました。
あまり耳にしないメーカーも含まれますが、個人的な注目株はVaio株式会社。
「初の」スマホとして注力するとのことです。あれれ…?

Windows10Mobileの開発メーカー

開発メーカーとして名乗りを挙げているのは以下の会社です。

  • Vaio
  • サードウェーブ
  • トリニティ
  • Acer
  • FREETEL

FREETELは、すでにWin10機の「KATANA」を発表していたからいいのですが、他はあまり耳慣れないですね…。
とくに注目に足るのは、やっぱりVAIOではないでしょうか。

Vaio株式会社の初スマホ

今回のスマホは、Vaio株式会社初のスマホとして意気込んでいるようです。
あれ?と思うのは、日本通信と組んで出しているVaioPhoneです。
これは、なかったことにされたのでしょうか???

ライセンス供与のVaioPhone

考え方としては、VaioPhone(日本通信)は、あくまでも「ブランド名の貸し出し」で、自社開発ではないとのこと。
結果的に、ミッドレンジのスマホに、高い値段を付けて販売して、箱代がいくらなんだ…と世間の声を受けてしまったものになりますね。

VaioPhoneはWinでBtoB

言葉だけ並べると、アルファベットばかりでなんのこっちゃ、ですね。
新しいVaioPhoneの特徴は、今回は日本通信と組まずにきちんと自社開発をする、ということ。
よっぽど悔しい思いをしたと見えます。

そして、今回は個人ユーザー向けではなく、ビジネス向けで販売するとのこと。
たしかに、大手企業の会社支給がウィンドウズ搭載のスマホで、黒く輝くVaio、というのはイメージしやすいです。

Vaio初のスマホ事業は成功するのか

どうしても、Vaio株式会社とスマホ事業、不安が残ります。
やはり、お粗末すぎた前回のVaioPhone×日本通信の発表会が記憶に残るからでしょうか。
前回の反省を生かしているか、というのが結構大きな問題ですよね。

中身が他社製品だった、という根本的なところは抜きにしても、VaioのPCが究極のこだわりぬいたハイスペックをうたっている中で、スマホに関してはミッドレンジ。
しかも、他社より割高。

そんな反省を生かしているのでしょうか?
どうやら、今回も発売するのはミッドレンジモデルということで、前回同様の反応の未来が浮かびます…。

そこで法人用途なんでしょうね。
ある程度価格がおさえられていて、かつ法人向けセキュリティとかの絶対に外せない機能を搭載していたら、VAIOブランドを毀損しないままに販売は可能でしょうから…

VaioPhoneの苦い思い出はさておき、今回のWindows10Mobileにも注目ですね。

機種変更前にこちらの記事もどうぞ