目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

iPhone5SユーザーがiPhone6Sに変える理由を考えてみる

スマホの機種変更、どれくらいのタイミングで考えますか?
二年縛り、という言葉もありますが、それこそ2年くらいのタイミングで変える方も多いのではないでしょうか。
androidは時期によっていつもいろいろ出ていますが、わかりやすいのはiPhoneですね。
いつも、秋口になると発表会が開かれて、1年に一回の恒例行事となっています。
最新のiPhone6Sの、ちょうど2年前のモデルといえば、iPhone5S。
私自身もiPhone5Sを利用しているのですが、買い替えするか否かを考えてみます。

iPhone5Sのいいところ

デザインが好きです。
iPhone5Sが出た当初は、縦長になっていけてないとか、背面のガラスの美しさがなくなったとか色々言われていたところもありますが、果たしてそうでしょうか。
個人的には、4~6のなかで、最も洗練されたデザインなのではないかな、と思っています。

背面カラーとアクセントのバランスの取れたiPhone5S

ひとつあるのは、バランス感覚です。
3色あるiPhone5Sですが、実はこれ、正面から見てもどの色なのか見分けることができます。
全体が黒になっているスペースグレーは分かりやすいですが、シルバーとゴールド。
これに関しては、指紋センサーにもなっているホームボタンのリングの色が、微妙に変わっているのです。

そして、背面もガラスパネルこそないものの、中央の色使いと上下の白アクセント、これはこれでうつくしいと思いますよ。

iPhone6Sの魅力

iPhone6Sの残念さ

デザイン面で残念なのが、刷新されたiPhone6以降です。
いままで、iPhone4系まではガラスの背面パネル。
iPhone5系でツートンカラーの非ガラスパネル。

そして、iPhone6からは、個人的には悪名の高い「Dライン」の搭載です。
全体的に丸っこくなって、そして変なDマークのラインが背面にはしるという…
これならいっそiPhone5系のように、白で塗りつぶしてくれたらいいのに!と思うレベルです。

iPhone6Sの性能

基本機能は大きく変わっています。
というか、一部報道によると、外観は同じですが、中の基盤の配列自体も大きく変わっていて、もはや中身は別物、というレベルらしいです。
たしかに、ハードウェア依存の機能としても、3Dタッチが搭載されており、押し込む動作が付加されています。

さらには、基本機能としてCPU、RAMのパワーアップ。
一説によると、androidでは1GBなんて過去の遺物ですが、ようやく6Sになって1GBを脱却できたとか。

3Dタッチで買いか?

正直なところ、買う理由として3Dタッチは薄いです。
なぜなら、ほとんど対応しているアプリがないから。
そうすると、対応アプリが増える次モデル…デザインも刷新されるであろうiPhone7をまったほうがいいだろう、と思われます。

あとは、基本性能がパワーアップしているので、地味ではありますが堅実派の方であれば買い替えもいいな、と思われます。

個人的には、iPhone6がいまそこそこ安くなっているので、これとMVNOでしのいで、各種の環境が整ったところでiPhone7に移行してもいいかなーと思っています。 

Apple iPhone 6 16GB ゴールド 【docomo 白ロム】MG492J

Apple iPhone 6 16GB ゴールド 【docomo 白ロム】MG492J

 

 

関連記事