読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

日本は世界一iPhoneが安く買える国、の欺瞞

格安SIM(MVNO)各社で、最近はかなりスマホ本体とのセット販売が増えてきています。
ドコモやau、ソフトバンクといったキャリアに近づいてきていますね…しかし、今まではただ単にスマホも「販売する」だけで、基本は定価でした。
楽天モバイルの明確な違いは、格安なのに機種代の値引きも始めた、ということでしょうか。

ドコモ、au、ソフトバンクのiPhoneが安い理由

決算発表で、ソフトバンクグループ代表の孫正義氏の発言です。

「日本は、世界一iPhoneを安く買える国だ」

実感と合うかどうかは人それぞれだと思いますが、あながち嘘ではありません。
月々サポート、毎月割…各社で名前は違いますが、魔法のような機種代金の割引を各社用意しています。

「実質0円」という表現を、ビックカメラやヨドバシの家電量販店のケータイコーナーではよく目にするのではないでしょうか?

実質0円とはいったい何なのか

ドコモ等大手キャリアの実質0円について、解説してみます。

ケータイ(スマホ)の料金は、大きく2種類に分かれます。

  • 毎月の利用料金としての通話・データ通信量
  • 機種代金(分割も可能)

たとえばドコモであれば、毎月の利用料金が2GB通信とカケホーダイで6,500円から。
それに、iPhoneであれば約10万円を2年間の分割で購入して、月々4,000円。

通常であれば、両方の金額を合わせて、毎月1万円強が支払金額となります。
(…改めて考えると、これで家族4人で毎月4万円の通信費とか、なかなかやってられないですね。)

ここに対する割引が、月々サポートです。
機種代金の月々4,000円に対して、「毎月の利用料金から」同額を値引きします。
なので、機種代金は分割で支払うのですが、毎月の利用料金が6,500円⇒2,500円となるので、「実質的に」機種代金が0円となりますよ~、というもの。
なんだ、オトクじゃないか!
…本当でしょうか?

実質0円の罠

ひとつ罠があるのは、割引は対象外になる可能性がある、ということ。
機種代金は分割払いで払い続けなくてはいけないので、1年間の利用をして、そして壊してしまって新しい機種を購入した場合は?

実は、割引が適用されるのは利用している期間までなので、それ以降は割引なしで、機種代金だけを払い続けなければいけません。

つまり、10万円の機種が実質0円といわれながら、1年間で機種変更したならば、実際に支払う金額は5万円となります。

実質0円はオトクなのか?

もう一つ考えないといけないのは、二重価格にも等しい価格設定です。
ドコモがiPhone5Sを扱い始めたときが記憶に新しいですが…

同じiPhoneを扱っていても、ドコモだけ1~2万円機種代金が高く提示されていました。
そして、割引金額が他社より多いので、最終的には実質0円に近い価格になっていました。

さきほどの記載と同様の罠なのですが、これってきちんとドコモが利益をとる仕組みになっています。
ぴったり2年間利用するのならば影響はないのですが、不慮の事故を含め、何割かは2年間じゃなく利用をやめるでしょう。
もちろん、iPhone発売日に買うような人は毎年買い替える人も多いでしょうしね。

そうなったら、1年間で買い替えると半分はドコモが得をする…価格設定がドコモ10万円、au8万円だったとすれば、半額の5万円と4万円で、1万円分ドコモに利益が残る個性です。

…同じ品物を別の価格で売って、実質0円というのは二重価格のように思えますがね…

違う構造をとった楽天モバイル

上記のようなビジネスモデルを持っているのが、日本の大手通信会社です。
最近どんどん出てきている格安SIMの会社はどうでしょうか?

徐々にスマホとのセット販売も増えてきました。
その中で、明確に違うモデルを出しているのが楽天モバイルです。

楽天モバイルは「実質値引き」ではない

楽天モバイル、特にZenfone2Laserという特定機種に特化してみてみると、実はamazonとかよりも安く買えます。
容量をおさえた専用モデルということもありますが、2万円ちょっとで購入できます(amazonだと3万円程度ですね)。
しかも、月額の料金としては毎月1,000円前後。
かなり運用費を下げることができる、というのが特徴になるかと思います。

楽天モバイルの機種値下げから見る、スマホ業界の利益構造

MVNO≒格安スマホといいながらも、十分に利益を出すことができる構造になっているのが通信産業の現状なのかな、と考えられます。
楽天モバイルが赤字とも考えづらいですし、少額でも利益をとりながら将来に向けてユーザー数を獲得しておけばビジネスになる(実際に1,000万ユーザー獲得を目標にする、と宣言している)と踏んでいる、実際にそうなっている構造なのでしょう。

そりゃあ、通信3社が売上でなく利益で1兆円に迫る勢いになるのも当たり前です。
そして、楽天モバイルが機種代を下げてきているのも、これはいつまで続くかな?という可能性もあります。
ドコモやソフトバンク、利益が確保できる構造になれば、あとは寡占で値上げを繰り返すようになるので…
あくまでも「現時点の選択肢」として、楽天モバイルが選択の余地がありますね。
逆に、現時点では結構オトクなので。

機種をざっと眺めても、2万円ちょっとのZenfone2Laserがスペックとのバランスがよさそうです。楽天モバイルのサイトでご確認を。

関連記事