読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

amazonPrimeが本気出しすぎた、CEOジェフベゾスの手腕

動画の定額制ストリーミングサービス、流行ってました。
(Netflix上陸するわ、ドコモはdビデオ力入れるわ、huluあるわ…)

音楽ストリーミングが今年の上半期はトレンドでしたね。
(AWA,LINEMusic,appleMusic…)

それをすべて飲みこむような、破格の設定を持ち込んでやってきたのが、amazonPrimeのサービス群です。

音楽は、amazonPRIMEMusic

突如として先週、日本でも開始されたサービスが、amazonPRIMEMusicです。
これは、先行する音楽サービスと同様、定額の音楽ストリーミング(ネットにつないで聴き放題)というサービス。
楽曲数は100万曲以上、プレイリストは100以上と、曲数だけは非常に充実(基本的に洋楽が多いので、日本のミスチルとかサザンがきけないのは他のストリーミングサービスと同様ですが…)しています。

そして、価格は年間契約で、3,900円。
月単位に直すと300円強と、競合のサービスよりもずいぶんお安い印象があります。

動画は、amazonPRIMEVideo

音楽についてさらりと書いてみましたが、amazonPRIMEは同様に動画…映画のストリーミングサービスも実施しています。
これも、年間3,900円で動画が見放題のサービス。
これがまた、意外と?内容が充実していて、孤独のグルメやらSPEC(戸田恵梨香出演ですね)、弱虫ペダル(アニメ)といった日本のラインナップもきちんとあります。

さらには、プリズンブレイクなど、海外ドラマもきちんと収録しているので、結構幅ひろくターゲット設定できるんだろうな…というのを実感。

amazonPRIMEの正体

音楽も映画もさらりと説明しました。
安いようにも思えますが、それ単体では特に破壊的なサービスとも思えません。

しかし、amazonが提供している、十分に「破壊的」なのは、これが個々のサービスではなくて、すべてamazonPRIMEを軸に合わせ技で展開される、ということです。

既存の音楽、動画サービスは、ひとつのところ(例えばドコモ)が提供していても、それぞれ別のサービスになります。動画が月に500円、音楽が月に500円なら合わせて1,000円、という勘定です。

対して、amazonのサービスは、PRIMEのサービスの中にすべてが組み込まれています。
月額300円ちょっとのamazonPRIMEに加入すれば、音楽も動画もすべて定額。
さらには、Kindle端末をもっていれば、毎月1冊無料の本が読める(結構有名な、有料の本が含まれています)。

そして本題として、amazonでショッピングをした場合の配送が早くなったり、水などの重いものを購入した時の特別配送手数料(謎に350円かかる)が無料になる。
そして、時間指定もできるので、配送の人にやさしいというメリットもあります(笑)。

赤字覚悟で投資を続けるamazonのマネタイズ

これって、amazonらしい方法だな~と実感します。
amazonのCEOであるジェフベゾスの特徴ですが、徹底した顧客志向と、徹底した投資です。

利益は出なくてもいい、時には赤字を覚悟にしたうえですべてを投資に回す。
そして、他のプレーヤーがついてこれなくなった時点である程度マネタイズに舵を切りながらも、次なる投資に進んでいく。

かつては、配送料無料も大きな投資でした。おそらく、その分だけ身銭を切り続けていたのは商売をしていれば想像に難くありません。
というか、今考えたら500円の小物を買って、翌日に配送料無料で届くとか、正気の沙汰ではないでしょう。
しかし、それによって宅配のプレーヤーの中では独占的な地位を確立しています。
…そういえば最近は、あまりにも安いものは「まとめ買い」の対象となって、それ単体では無料配送はしてもらえなくなりましたね。
あと、ペットボトルの水や家具など、結構重いものについては特別配送手数料がかかるようになりましたね。こういった変化が少しずつおこっています。

現状のamazonPRIMEはオトク

正直なところ、当初のamazonPRIMEはあまりお得感を感じられませんでした。
配送期間が短縮されると言いながらも、結局のところ1日短くなるかならないかぐらいの充実サービスっぷりでしたので、あえて3,900円払う気にはなれません、と。

なんだか配送が遅くなったような気がする~とか、手数料かかるようになったんだ~、というのに対しても、サービスレベルが低くなってお金を払って元に戻すことにも抵抗感があったので、意地でも加入せず。。

潮目が変わったのが、動画と音楽でしょうか。
Kindle1冊無料も、だいぶ迷ってしまったのですが…動画でぐぐっと興味を惹かれて、音楽で背中を押されてしまった感じです。

少なくとも30日間無料なので、試す価値はあります。
既存の各サービスより断然安くて、これでもか!!というくらい色んなものが詰まっているので…
そして、意外と配送サービスが快適になるのが一番のメリットだったりも、します。

>>30日間無料のamazonPRIME 

関連記事