読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

amazonの送料無料廃止にみる、プライム獲得の戦略切り替え

ネット通販といったら、日常的に利用するものはどこでしょう?
日本においては、amazon、楽天が現時点でのツートップとして語られるのではないでしょうか。

そんなトップの一角、amazonにおもしろいニュースが出てきました。
いままで本1冊からでも送料無料で発送してきたamazonの、送料の有料化です。
どのような戦略切り替えがおきたのでしょうか。

amazon送料の有料化とは

今回のamazon送料の有料化は、完全有料ではありません。
具体的には、2,000円以上の購入で送料無料。
裏を返せば、2,000円に満たない場合は送料がかかる…というものですね。

とはいえ、amazonの送料は、完全無料からの脱却を既に遂げていました。
ひとつは、あわせがいプログラムです。
小額の商品については、複数の商品を購入しないと送料無料での購入対象にならない、というもの。
これが、一部の商品(100円前後とかごく小額)だったものから、amazon取扱いの商品全般に変わったのだ、とイメージするのが今回の事象としては分かりやすいですね。

これに加えて、日用品は箱を購入して詰め放題(箱は固定)となる、パントリーというプライム限定のサービスもありました。今回の送料有料化とは強い相関はないので、内容の詳細については割愛します。

amazonプライム会員は送料無料を維持

誰もが送料の有料化によってamazonを使わなくなるか?
それについてはNoだと考えられます。

amazonは、明確に顧客の差別化を図るようになりました。

そう、プライム会員です。
年間3,900円という会費を支払うサービスではありますが、それによって送料の無料化が実現します。

頻繁に買い物にamazonを利用する(もう生活の一部に組み込まれている)人にとって、この利便性は捨てられないものです。

amazonとしても、毎年固定で収入が見込まれるプライム会員費は大きな収入源化と思われ、近年はプライム会員の獲得に向けた複数の施策が打たれていました。

amazonプライム会員獲得に向けたアメとムチ

amazonプライムへのアメが通信キャリアを食う

amazonプライム獲得戦略、最初はどんどんメリットを出してきていました。

kindleをもっていれば電子書籍が毎月無料、amazonミュージックで聴き放題、amazonビデオで動画も見放題。

ドコモ等の大手キャリアが提供して、月額500円程度のものを、全部まぜこんで300円代/月という、破格の値段でのサービス提供です。

その魅力に負けてプライムのサービス登録をした方も多いのではないでしょうか。

ちなみに筆者はミュージックに負けて登録したクチです。

amazonプライム会員獲得のムチ:恐怖戦略

さて、いつまでもアメをぶら下げていても獲得数が思うように伸びていかなかったのでしょうか、amazonの戦略は恐怖戦略に切り替わりました。

今まで通りの送料無料サービスを享受したければ、プライムに登録しなよ。

これが、今回の大きなポイントになりそうですね。
実際に、送料無料というよりは、気にせずに1個単位で発注ができる、というのが本当にメリットかと思うので…これはおおきなことでしょう。

amazonプライムに加入すべきか

では、これをもってしてamazonプライムに加入すべきか?

むずかしい問題ですね。
個人的にはYesかな、と思います。

送料無料になるまで、まとめ買いをしようとおもってモノがなかなか手元に届かなくなる、というのは、想像以上にストレスになります。

現状維持というのがシャクにも思えますが、実際にはプライムに加入することで到着のスピードも上がる(翌日ないし当日に届いたりする)ので、スピードの恩恵というのは確実に受けることができます。

正直、ミュージック目当てで加入しましたが、実際にはこの到着までのスピード感のほうが大切だったな、というのを肌身に感じています。

amazonプライム無料体験はコチラ

関連記事