目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

amazonプライムミュージック、有線放送がわりに活用中

amazonプライム、加入のきっかけはamazonプライムミュージックの聴き放題でした。

実際に使ってみて、AWAやappleMusicとの比較もしながらですが、最後に使おうと残ったのが、意外とamazonプライムミュージック、だったという事象。

amazonプライムミュージックとは

名前の通り、音楽の定額で聴きホーダイというサービスです。
料金は年間3,900円で、これ以外のamazonプライムのサービスも当然使えます。

具体的には、動画の見放題や、Kindleの毎月1冊無料、配送の無料化あたりですね。

参考:amazonの送料無料廃止にみる、プライム獲得の戦略切り替え - 目で見て体験

AWA等のように、プレイリストがあるのでそれを聴くのもいいですし、もちろん自分で検索して目当ての曲を探す、という使い方もできます。

直近であれば、BABYMETALの曲が入っていたり、意外と旬な曲も入っている印象です。

個人的には一青窈さんのベストアルバムとかをよく聞いてます。

amazonプライムミュージックは100万曲、保存もできる

曲数としては、結構な規模で100万曲以上、とのキャッチコピーです。

まぁ、ややマイナーな洋楽とかオルゴールも入っているので一概には言えませんが、そんなに悪くないラインナップってところです。

最新の曲、と探し始めるとちょっと疲れてしまうので、個人的にはめぼしいものを見つけたらそれをリピート、って感じですね。

あとは、1回だけ聞く場合はWi-Fiでストリーミングですが、よく聞くものはダウンロードしてオフラインで聴くこともできます。

オフラインというか、外出中にデータ通信料の節約をするためですね。
ドコモの新料金プランがスタートして以降、通話はしなくてもカケホーダイなうえに肝心のデータ通信は量を減らしてありますからね…総額が高い。

その意味でもオフラインで再生できるのは嬉しいですね。

注意点:たまに権利が切れる曲がある

注意としては、ダウンロードしてもいつの間にかグレーアウトしている曲があるところ。
さいきんだとVAMPSの曲が消えていましたね。
おそらく、契約が切れるとかそういう問題なのでしょうが、お気に入りとしてダウンロードしていただけにちょっと残念です。

もちろん、グレーアウトすると再度の視聴はできなくなります。

amazonプライムミュージックが個人的に生き残った理由

さて、AWAやappleMusic、LINEMusicもありますが、いろいろ試して最終的にamazonが残った理由はなんでしょうか。

単純に、音楽ストリーミング単体でそんなにお金をかける気にならなかった、というのが大きいですね。

というのも、結局操作性は多少違っても、音楽を聴くという目的のサービスや曲のラインナップは似たり寄ったり。
それであれば、たくさんの他のサービスも利用できるamazonが一番いいんじゃないかなーというところに落ち着きました。

UI的にも若干使いにくい部分はありますが、ぜんぜん許容範囲内なので…

あんまり積極的に曲を探すということはしていないですが、懐かし目の曲を有線放送のように聞いたり、たまにランダム再生したりして十分に楽しめています。
昔はこれを有線放送が担っていたんだろうなぁ。。。と思うと、なかなかamazonのサービス領域ってすごいんだな、と実感しますね。

最近、amazon送料の有料化という記事もありましたが、十分にサービス加入する価値はあるのかなーと思っています。 

関連記事