読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

HUAWEIのP9の前にGR5がすごくいい

スマホ/IT

HUAWEIの新しいスマホ、P9が発表されました。
値段もお高めのハイスペックスマホ、4/16から世界で発売ですが、日本はその中に含まれず…というちょっと残念な状況。

そもそもHUAWEIって何?ってところもありますが、日本で買えなきゃしょうがない。

実は、いま購入できるHUAWEI機種のGR5がスペックと価格のバランスでかなりいい感じです。

スマホメーカー、中国HUAWEIとは?

HUAWEI(ファーウェイ)といっても耳慣れないかもしれません。

ドコモからスマホのAscendシリーズを販売していましたが、正直最初のころは鳴かず飛ばず、デザインもさしたるものではないという印象でした。

モノづくりとしては、ドコモのキッズケータイだとか、写真が見られるフォトパネル、タブレットのdタブなんかもファーウェイ製ですね。

けっこうブランドを前面に出さないながら活躍してきた印象があります。

HUAWEIのGR5、ハイスペックで信じられない3万円代

実は、性能がめちゃくちゃ高いです。

1,920×1,080という解像度の高い画面(かつ、5.5インチの大画面)に加え、指紋認証、オクタコアのCPU搭載。

実際にビックカメラで触ってみたのですが、上品なゴールドに背面のヘアライン仕様で、とても上質な仕上がりになっています。

一目でファーウェイ製だ~、とは分からないのですが、パット見のダサさは当然なく、上質な仕様が見えるので、持つ喜びを感じることができるような機種となりそうです。

参考:HUAWEI製GR5が美しく高性能で3万円代 | sp-labo

ASUSに次ぐコスパ高いSIMフリースマホ

今までよく取り上げられてきた、コスパの高いSIMフリースマホといえば、台湾ASUSんのZenfoneシリーズでした。

こちらも高コスパというところに変わりはないのですが、最近はハイエンドからミドルまで、欲張って?ラインナップを増やしているがゆえに、結局どれをつかっていいやら…というのが悩ましいところ。

安さと高性能を期待していても、安ければ安さなりの商品になってしまっているところもあります。

もちろん、ファーウェイもラインナップそれぞれあるのですが、メーカーというよりはピンポイントでこのGR5というスマホがいいのではないかな、と思います。

特に、価格面ではせっかくSIMフリースマホになるので、MVNO(格安SIM)で運用するのが一番オススメ。
最安で通信も安定しているDMMモバイルでセット購入することもできます。 

 

関連記事