読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

iPhoneとandroid両方対応のケーブルが地味に便利

スマホ/IT ライフハック

普段、android(XperiaZ3)とiPhone5Sの2機種を利用しています。
仕事用でもあり、そこそこヘビーに使うので、気になるのは電池残量。
みなさんどのように対処しているでしょうか?

iPhone5SとXperiaZ3のバッテリー問題

特にiPhone5Sの方は2年の利用でバッテリーがへたってきたのか、如実に電池が減っていきます。

1日もたないことも多いので、こちらはモバイルバッテリーとケーブルが必須。

かたや、XperiaZ3は安定の電池もちをしてくれるので、毎日充電する必要がありません。なんなら3日くらい持ちます。

…そうすると起こるのが、一日くらい充電しなくていいか…が続いて、結局充電しなくなって3日後に焦る、というパターンですね。

(単にオッチョコチョイと笑うなら笑ってください)

それもあって、最近はモバイルバッテリーだったりノートPCにつないで充電をしているのですが、困るのはandroidとiPhoneでケーブルの先が違っていること。

充電ケーブルの処理

当初は、充電ケーブルを2種類持ち歩いていました。
iPhoneが充電のメインとはいえ、結局モバイルバッテリーを充電するのにもandroid版のmicroUSBケーブルが必要なので…

ですが、整理整頓が得意な人ならまだしも、苦手であればあるほどカバンの中で迷子になって、絡まったりするもの。

そもそも、得意な人ならandroid充電忘れたりしないでしょうし…

結局、一体型の1台二役ケーブルを買うことにしました。

意外と役立つ一体型ケーブル

購入したのはこちらのケーブルと、モバイルバッテリー。
apple認証もとれているので、問題なく使えるはず。

 

購入して2週間程度ですが、とても便利でした。
若干コードの長さが短いのですが、モバイルバッテリーやノートPCからの給電には全く問題なし。
android充電時にはキャップを外すので、若干不格好になりますが、十分に活躍してくれています。
(少ないかもですが)iPhoneとandroid併用している方には、間違いなくオススメできるケーブルですね。

あと、ケーブルってよく断線したりするので、買い替えの際だとそんな値段変わらないから、という意味でもオススメです。

関連記事