目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

iPhoneとコスパ高いandroidスマホ、どちらを選ぶ?

秋口の恒例行事は新型iPhoneの発売ですね。

それに比して、年中どこかで何かが発表されるようになっているのが、SIMフリーのミッドレンジスマホたちです。

もちろんandroidが中心。

絶対iPhone!!と決めている人にはiPhoneでいいのですが、特にこだわりがなく、なんとなく国内メーカーのandroidをドコモ等のキャリアから購入していた人には、大きな変化が来る時代になっています。

国内スマホメーカーの撤退・弱体化

iPhoneのドコモからの販売以降、悲鳴をあげたのが国内メーカーですね。

売上のランキングも、サイズ違い・キャリア違いのiPhoneが上位を埋め尽くすようになって、日本の市場だけに特化していたメーカーは生き残れなくなりました。

NEC,Panasonicが撤退を表明。

SHARPと富士通は残っていますが、やはりSIMフリーの市場にも(割高な価格ではありますが)参戦して、少しでもすそ野を広げようと苦戦しています。

残るのは、iPhone、Xperia、Galaxyといったある意味でグローバル競争となっています。

日本でSIMフリーが馴染みに

同時に進んできたのが、格安SIM…MVNOの活用です。

こちらは楽天モバイル、DMMモバイルなんかが有名ですね。

昔は本当にSIMカードだけ売っていたものですが、最近は海外メーカーのSIMフリー機が、それこそビックカメラのような家電量販店でも変えるようになったものですから、どんどん普及が加速していきます。

ビックカメラやイオンで普通に買える、というのがどれだけ人口普及率に影響するか…というのは面白い観点ですね。

ドコモ系のMVNOであれば、ドコモのスマホをそのまま利用することもできるのですが、せっかくならば新しいスマホに買い替えたいというのも人情。

そこで、コスパが高いandroidスマホが2-3万円で買えるのは非常に魅力的ではないかと。

新興メーカーの肥大化:ASUS、HUAWEI

特にコスパが高くて有名になってきたのが、ASUSとHUAWEIという二大メーカーではないでしょうか。

ASUSは、NEXUSのタブレットを販売しだしたころから存在感を出し始めて、コスパ最強のZenfone5で日本ブレイク、といったところでしょう。

HUAWEIについては、ドコモからの機種販売もするなど、すこーしずつ日本市場には入り込んでいたのですが、プラスチックの安っぽいイメージは否めませんでした。

いま販売しているものは、デザインも上質になって、かなり購入に魅力的なものとなっています。

iPhoneは10万円近く…安いものでも税込み8万円くらいにはなりますね。

対して、こういったandroid機種は若干性能が落ちたとしても、普段使いには十分で3万円代で購入できる…この差分は結構大きいのではないでしょうか。

どのみちバッテリーは劣化しますし、パソコンと同様にスマホの進化は早いもので、どんどん時間が立てば高性能なものが出てきます。

5年前の最高スペック機であっても、今の状態では格安スマホ以下、ということは容易に起こります。

それであれば、最新のミッドレンジを頻繁に買い替えたほうが、気持ちの上でも性能のうえでもかなり良くなるのではないでしょうか。

2年スパンで買い替えて、後半はかなりギリギリの使い勝手だな…となるよりは、ばっちり現役で使えるものを1年ちょっとで買い替えていくのもなかなか上手な選択肢になりそうです。

機種変更前にこちらの記事もどうぞ