目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

iPhoneが必要なのはどんな人?

街中でスマホを見るのは、もう珍しくなくなりました。

その中でもやっぱり多く見る(ような気がする)のは、iPhoneでしょう。

若い人で、iPhoneでなかったら逆になぜ?と思うような時もあります。

しかし、なぜiPhoneなのでしょう?

誰にiPhoneが必要なのでしょう?

iPhoneが多く見える理由

iPhoneであれば、見たらiPhoneだ、とわかりますよね。

他に分かりやすいのはXperiaとかでしょうか。

毎回モデルをかえてもあまり外観が変わらないのが特徴です。

そうなってくると、iPhoneはどんな意味でも目立つのですが、他は特徴だって多いものがみつからない…というのがこの正体ですね。

たとえば、相当マニアックな人でない限り、パット見ためにSHARPの機種の区別がつくのか…?という話です。

なぜiPhoneを選ぶ?

では、iPhoneとその他というくくりになったうえで、iPhoneを選ぶ理由はなぜでしょう。

価格もありますが、結局は周囲との同調がメインではないでしょうか。

iPhoneであることに、機能的に大きな理由はないと思います。

androidでも十分に今は利用できますし、カスタマイズ性はandroidのほうが上、というのはよく言われる話ですね。

それでもiPhoneを選ぶのは、そもそもカスタマイズが広く一般には求められていない、ということでは。

iPhoneとシニアの関係

iPhoneをシニア層にオススメするのは、「アリ」なのでしょうか?

結論アリだと思っています。

なぜならば、長押ししてウィジェットを作られて困惑することもない、厳選された世界で箱庭のように楽しく生きていける、というのがiPhoneの特徴でもあります。

iPhoneはらくらくホンなのか

いちど、家電量販店の前でiPhoneのこんな売り方を見たことがあります。

iPhoneは、赤外線も使えません。

おサイフケータイも使えません。

いろいろ難しいことはできません。

ですが、使いやすいんです。

まるで、らくらくホンのように。

シンプルだからこそ使いやすいんですよ。

 

…プロモーションの文言はさておき、思想的にはアップルの求めるシンプルさに近いものにたどり着いている気がします。

デザイン?ファッション?シンプル?

最終的に無地の洋服に落ち着くように、シンプルな中の上質な暮らしを求める人にこそiPhoneがいいのかもしれません。 

 

こちらもどうぞ