読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目で見て体験

スマホの世界や、これからの先進技術をご紹介。

映画が好きならau利用を!その意味は?

スマホ/IT サービス MVNO 料金

突然なんのこっちゃ、という感じですよね。

主にはドコモを利用していたのですが、これだけはauがうらやましかった…というサービスがあるのでご紹介。

auマンデイで映画が1100円

auユーザーでスマートパスに加入していれば、毎週月曜の映画鑑賞が1100円になるというこのサービス。

限定があり、TOHOシネマズだけということですが、映画館の座席にもこだわりのあるいい映画館なので、どちらかというとすすんでTOHOを選ぶ(個人的には)こともあり、非常にいいサービスかなと。

スマートパスが月額有料(400円くらい)なので、たまにしか映画を見ないならあまりお得でもないのですが、月に1本はみるよーとかであればおすすめです。

1200円でも毎日auシネマ割

月曜は仕事で映画なんていけないよ…という場合であれば、同様の条件で1200円となりますが、毎日対応のauシネマ割もあります。

場所はユナイテッドシネマとシネプレックス。

メジャーなところはこれでカバーできるんじゃないか…といった感じですね。

安くてそれなり、ではなくきれいで素敵な映画館に安く入れるってことがauのメリットかなと思います。

ドコモチューズデーは限定で1100円

対するドコモは、水曜の限定。

価格設定はau同様なのですが、有料のサービス加入は不要です。

限定はイオンシネマのみ。

ドコモのブロンズステージ以上(10年以上ユーザー)向けのサービスなので、長期利用者の優遇、ということが目的なのだと思いますね。

ただ、これってレディースデーとかぶらないのか…?という謎。

あと、イオンシネマは大きいけれど、都心に住んでいると使う機会が限られまくるのが難点ですね。

近場の映画館はイオン?TOHO?

映画館基準でスマホのキャリアを決めるのもどうかな、と思いますが(笑)

都心に住んでいる方であれば、TOHOシネマズ、ユナイテッドシネマを網羅しているauの映画サービスはすごくいいのではないかなーとおもいます。

また、イオンシネマが近かったとしても、ドコモでブロンズ会員になるには10年(もしくはたくさん支払いをする)などの、他の努力が必要になってくるのであまり現実的ではないのかなーとも思えてしまいます。

映画は余計なサービス、もっと安くしたいなら?

auやドコモはこういった映画の割引きみたいなところも含めてのフルサービスを提供しています。

そのため、毎月の料金が7,000円を超えるような状況になってくるわけですね。

割引きがどうとかではなく、シンプルに安くしたい!!という場合であれば、やはりシンプルにキャリアのサービスを利用せず、MVNOを利用するのが一番かと思います。

ちょっと我慢することができたら、DMMモバイルの10GBプランで音声をつけて、3,000円で利用することができるので。。。

浮いた4,000円で、映画の割引が何か月分か手に入る、という寸法です。

ケータイ料金は毎月固定で支払うインフラになってくるので、当初しっかり検討してできる限り安くしておくのがおすすめです。

 

こちらの記事もどうぞ